何とかならんの?GWもGSも大混乱…駆け込み給油殺到

暫定税率は、5月1日に復活するようです。

それにともない、レギュラーガソリンの店頭価格は、1リットル160円を突破するとか?

ほんと、値上げ、値上げばかりでイヤになります。

「安いうちに入れとこ~」

て言う、駆け込み給油で、ガソリンスタンドに人が殺到しているようです。

どうやら、ガソリンスタンドは順番待ちの状態みたいです。

並んで買えばいいですが、ガソリンの在庫がなくなり、閉店する店も出ているとか。

ガソリンを買いだめしようと、缶に注油中引火した事件が起こったり、
<ガソリン>缶に注油中引火 逃走した男が出頭 神戸

給油を待つ車の列に割り込んだため争いごとが起こったりと、
ガソリン:車列に割り込み殴ろうとした男逮捕 兵庫のGS

今までには考えられない事が起こっているようです。

テレビを見ていると、こんなものが売れていますって、ガソリンを入れる容器が紹介されていました。

ま~、これなど、それほどガソリンが入るようにありませんでした。

たぶん、それで節約できる金額より、その容器の方が高いのでは?って思いますが・・・

もう、わけわからん状態なのでしょう。

ほんと、何とかしてほしいよ。

GWもGSも大混乱…駆け込み給油殺到 (スポーツ報知)

 揮発油税の暫定税率を復活させる税制改正法案は30日、衆院本会議で“参院みなし否決”後に再可決され成立する。これにより、ガソリン1リットル当たり約25円の暫定税率は5月1日に復活し、レギュラーガソリンの店頭価格は1リットル160円を突破するのは確実。ゴールデンウイーク真っただ中の29日、全国のガソリンスタンドには行楽客らが値上げ前の「駆け込み給油」に押し寄せた。専門家の試算では、1世帯当たり月額1838円の負担増になり、福田内閣への批判が高まりそうだ。

 車、車、車…。政治の混乱が、ゴールデンウイークを直撃している。5月1日からのガソリン値上げを想定して、行楽客が押し寄せたガソリンスタンドはパニックになった。大阪市内の幹線道路沿いにある24時間営業のセルフ式ガソリンスタンドでは、6台の給油機に、順番待ちで合計十数台が列をつくり、地下タンクは空になりかけ、ガソリン補充に追われた。

 新日本石油、出光興産など石油元売り各社は5月出荷分のガソリン卸価格値上げを発表。新日本石油の中村雅仁常務は「政治に非常に振り回されている」と不満をぶちまけた。暫定税率の復活で、レギュラーガソリン全国平均小売り価格は、1リットル当たり30円前後値上がりし、160円を突破するのは確実だ。

 4月最終日となる30日は“駆け込み給油”でさらに混乱が予想される。家族連れの車などで混雑する東名高速道路海老名サービスエリア(神奈川県海老名市)の給油所では「うちは24時間営業だから、車が並んでいても突然、どこかで値上げすることになるかもしれない。お客が多い大型連休。5月1日だけで、旧価格の在庫がなくなる」(古田正司所長)と、市民のイライラを予測し嘆いた。

 第一生命経済研究所の試算では、ガソリン値上げに伴う、1世帯当たりの負担増は全国平均で月額1838円。地域別で最大なのは北陸の2537円で、東北、東海が続く。車の利用が多い地域は負担が重くなりそうだ。国民生活モニター調査では、ガソリン高対策として「車の利用を控える」との回答が55・6%と半数を超えた。観光地などへの客足が鈍る可能性もあり、ゴールデンウイークのライフスタイルに影響を及ぼしそうだ。

 福田首相は30日、成立を受けて記者会見し、国の厳しい財政事情や道路整備の必要性を訴える方針だが、国民の理解を得るのはとても難しい状況になっている。

GWもGSも大混乱…駆け込み給油殺到 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク