ビスタ興味なし!マイクロソフト、「Vista SP1」の自動配布を停止–「XP SP3」に続いて

マイクロソフトは、Windows Vista 用の、Service Pack 1(SP1)の自動アップデートを停止したようです。

新たに発見された問題が理由のようです。

私など、ビスタはまったく興味がないから、

「別にいいけど~」

って感じです。

「ビスタの次のOSが早くでないかな~」

って首を長くして待っている状態です。

ま~、それまで、今の XP を使うつもりです。

今回の問題は、私が楽しみにしていた、「Windows XP Service Pack 3」の提供にも影響しているようです。

どうも、、「Windows XP Service Pack 3」のリリースが延期になったようです。

ところで、このService Pack(SP)ですが、入れたら、またパソコンが重くなるのでしょうか?

最近、ブラウザをIE6 から IE7 に変えました。

始めは、気になりませんでしたが、使っているうちに、

「おい、動作がおそいぞ」

って事がたびたびあります。

「頼むから、これ以上、パソコンに負担かけないでくれ~」

って言いたいです。

マイクロソフト、「Vista SP1」の自動配布を停止–「XP SP3」に続いて (CNET Japan)

 Microsoftは米国時間4月29日、新たに発見された問題を理由に、「Windows Vista Service Pack 1(SP1)」の自動アップデートを停止したことを認めた。

 この問題は、「Windows XP Service Pack 3」の提供も延期させており、両OS上での「Microsoft Dynamics Retail Management System(RMS)」の稼働に影響を与える。

 Microsoftは、「Windows Vista SP1の自動配布を一時的に停止している」とCNET News.comの取材に対して述べた。同社は、手動によるVista SP1のダウンロードは今後も利用可能にする予定だと付け加えた。MicrosoftはAutomatic Updates経由での同サービスパックのリリースを先週開始している。

 Microsoftでは、「Microsoft Dynamics RMSを利用している顧客にSP1をインストールしないよう呼びかけているが、Windows Vista SP1のインストールにより利益を得ることができる顧客が多くいる。そのため、(Windows Update経由での)提供を継続している」と述べている。「Windows XP SP3のリリースを延期したが、予防措置として、また、顧客がWindowsで素晴らしい体験を得られるよう、Vista SP1の自動配布を停止した」(Microsoft)

 Microsoftは、今回の問題について、「互換性問題」と述べるにとどめている。

[CNET Japan] マイクロソフト、「Vista SP1」の自動配布を停止–「XP SP3」に続いて – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク