どんな味?オーストラリア高級赤ワイン「グランジ」の発売に長い列

オーストラリアのペンフォールド社の高級赤ワイン「グランジ」が発売され、多数の愛好家やコレクターが列を作ったそうです。

オーストラリアのワインですか?

ワインと言えば、ヨーロッパって感じですが・・・

そこで、ペンフォールド社について、ちょこっと調べてみました。

すると、サントリーのページにありました。

オーストラリアワイン最高峰-ペンフォールド(グランジ)
オーストラリアは毎年がヴィンテージ・イヤーと呼んでいいほど、気候、土壌はもちろん、日照や降雨量に至るまで、あらゆる条件が葡萄栽培に適しています。といってもヨーロッパとは異なった条件のもとでつくられるのですから、同じ品種であってもワインの個性は独特のものになります。
1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールドは、サウス・オーストラリア州の主都アデレードの近郊マギルでワインづくりを開始しました。 これがペンフォールド社のはじまりであり、現在もこの葡萄園からは優れたワインが生み出されています。
オーストラリアワインのメーカーとして最も古い歴史をもつ会社のひとつであるペンフォールド社は、現在各地にワイナリーを持ち、数多いメーカーの中でも特に高級ワインのメーカーとしてその名を知られています。
これらペンフォールド社が擁する各地のワイナリーから収穫されたシラーズ種を主体とし、厳選に厳選を重ねたもののみを原料にしてつくられるのが、<グランジ>です。このワインは、単にペンフォールド社の最高級のワインというだけでなく、本国のオーストラリアでもなかなか手に入らない、といわれるほどオーストラリアワインの最高傑作とされています。

ペンフォールド社

サントリー ワイン スクエア|ワイナリー|ペンフォールド社

正直なところ、ペンフォールド社 の情報なんて見つかると思っていませんでした。

すばらしい物は、場所に関係なく評価されるんですね~

機会があれば、ペンフォールド社のグランジを飲んでみたいです。

やっぱり、高級ってぐらいだから高いのでしょうか?

記事によると、希望販売価格は1本550豪ドル(約5万4000円)とか。

やっぱり、高いですね~

その前に、私は、体質的にお酒が飲めません。

残念。

オーストラリア高級赤ワイン「グランジ」の発売に長い列

オーストラリアのペンフォールド社の高級赤ワイン「グランジ」の2003年ビンテージが1日、当地のワイナリーで発売され、多数の愛好家やコレクターが列を作った。

販売個数は7000─9000ケース(1ケース12本入り)で、希望販売価格は1本550豪ドル(約5万4000円)。

同社では毎年5月1日に、5年物の「グランジ」を発売。同ワインは、シラーズ種のブドウに少量のカベルネ・ソーヴィニョン種をブレンドして作られる。

オーストラリア高級赤ワイン「グランジ」の発売に長い列 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク