これが大人かも?面白かったよ!ノッティングヒルの恋人

眠れないので、テレビを見ていました。

すると、映画の ”ノッティングヒルの恋人”をやっていました。

題名からして、恋愛物です。

基本的に、恋愛物は見ません。

しかし、プリティーウーマンで有名な、ジュリア・ロバーツが出ているので、見ることにしました。

おっと、プリティーウーマンも、恋愛物か~

プリティーウーマンも、見たことがあります。

なぜ、プリティーウーマンを見たかというと、私の好きなロクセット(Roxette)の曲が流れていたからです。

ちなみに、この曲だったと思います。

its must have been love

映画の感想としては、結構良かったです。

で、今回は、ノッティングヒルの恋人 です。

ストーリーは、スター女優と、しがない本屋の店主とのラブストーリーです。

ま~、普通なら、何かやりながら、テレビを見ているところです。

ちょっと、気になったシーンがあり、そこからしっかり見てしまいました。

そのシーンは、本屋でのシーンです。

ジュリア・ロバーツの相手役の経営する店で、万引きされそうになりました。

防犯カメラで、その現場を見つけ、注意する対応が、とても気に入りました。

もし、私が経営者で、その現場にいたら、感情的になっていたかもしれません。

しかし、冷静に、それもユーモアを交えて、その場を対処する場面を見て、

大人だな~

って思いました。

こうやって、冷静になれば、トラブルにならないんだ~

って、勉強になったようなきがします。

冷静、これが、相手役の性格です。

しかし、その正確が、時にはもどかしく感じさせ、映画に引き込まれました。

最後は、ハッピーエンドで、とてもよかったです。

たまには、こんな映画もいいものですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. キヨ より:

    もう12年も前になりますが劇場で観ました
    なんだかよく自分でも分かりませんが、映画が終わっても一時間ほど号泣していたのをよく覚えています

    • コマメ より:

      コメントありがとうございます。
      映画について書いたのが、ずいぶん昔なのですっかり忘れていました。
      改めて読んでみると、まるで他人が書いたのを読んでいるような気分です。
      自分でいうのもなんですが、性格の悪い私が素直に関心するような感想から、とてもよい映画だったのでしょう。
      もう一度、映画を見てみたくなりました。