見せしめ?「Share」ユーザーを著作権侵害で初逮捕 「コードギアス」など違法公開の3人

「Share」を使って、テレビアニメを無断でアップしたとして、著作権法違反の疑いで、会社員や大学生の計3人が逮捕されたようです。

「Share」ってなんじゃい?って人の為に説明です。

「Share」は、ファイル共有ソフトって分類になります。

同じ分類のソフトとして、有名なのが「Winny]です。

「Winny」は、自衛隊など普通では考えられないところから、大切な情報がもれたとしてニュースになったので、聞いた事があると思います。

ところで、どんなソフト?

これが実に、説明しにくいです。

それは、飛行機を見た事が無い原始人に、鉄の塊が飛ぶって事を説明するようなものです。

「ま~、やってみたら、すぐわかります」

と言いたいところですが、そうも行きません。

そこで、私なりに説明したいと思います。

あなたがパソコンで、ワープロのソフトを使って文章を作ったとします。

それを保存すると、ファイルが出来ます。

そのファイルを、マイドキュメントって言う、フォルダに入れたりすると思います。

ここまでは、まだ説明が始まっていません。

ここでは、ファイルとフォルダが、どんなものかイメージしてもらうために書きました。

ここからです。

あなたは、毎週見ているドラマがあったとします。

しかし、仕事の都合で、今回見れませんでした。

そこで、”ファイル共有ソフト”ってフォルダの中を見ました。

すると、そこには、あなたの見逃したドラマのファイルがありました。

そのファイルを開いて、あなたはドラマを見る事が出来ました。

まるで、魔法のようです。

だから、ここまで広がりました。

で、気になるのが仕組みです。

あなたは、LAN(ラン)って言葉を聞いた事が無いでしょうか?

これは、パソコンとパソコンをつなぐ事を言います。

すると、どうなるのでしょうか?

LANが無い場合です。

ここは、あなたの仕事場です。

パソコンが、ズラズラならんでいます。

あなたが作った、ワープロのファイルが、隣のパソコンのマイドキュメントに入っていたとします。

その日は、運が悪く、いつも使っているパソコンを、他人が使っていました。

その場合、今いる自分のパソコンで、そのワープロのファイルを使おうとすると、隣の人に

「ごめ~ん、マイドキュメントにある、私のデータ、フロッピーに入れて」

と、いやいや仕事をやっている、隣の人に頼まなければいけません。

しかし、LANでつながっていると、今いるパソコンのフォルダの中をあけると、いつも使っているパソコンのように、自分のファイルがあります。

これは、パソコン同士がつながっているから、可能なのです。

今回の、共有ソフトである「Share」や「Winny」も、このような仕組みです。

ま~、夢のようなソフトです。

では、何が問題なのでしょうか?

そこで出てくるのが、著作権です。

あなたが見ているドラマは、後でDVD化される予定です。

しかし、「Share」や「Winny」で、勝手にやり取りされると、DVDを売る事が出来ません。

そうなると、DVDで儲けようとした会社は困ります。

そんな事で、今回逮捕者が出ました。

先ほどの説明で言うと、あなたの見逃したドラマのファイルを、あなたのフォルダで取れるようにした人が逮捕されました。

う~ん、余計わかりにくい説明かな?

ところで、気になった事があります。

それは、記事の中に、

”大量にテレビアニメをアップロードしているとして「2ちゃんねる」で話題になっていた”

とあります。

今までは、Winnyでしか逮捕者はいませんでした。

もちろん、今回と同じような状況の人が逮捕された事があります。

その時も、掲示板で話題になっていた人だと思います。

さらに記事によると、

”昨年9月時点では「Winny」が約26万4000ユーザーだったのに対し、Shareは約20万ユーザー”

とあります。

今回のshere で言えば、20万分の3人と言う事になります。

これは、宝くじを当てるような確率です。

誰もが同じ確率でしょうか?

違うと思います。

掲示板で、有名だったからではないでしょうか。

もし、そうなら、掲示板で有名でなければ、逮捕されないのでしょうか?

そこが気になりました。

「Share」ユーザーを著作権侵害で初逮捕 「コードギアス」など違法公開の3人

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、京都府警ハイテク犯罪対策室などは5月9日、P2Pファイル共有ソフト「Share」を使ってテレビアニメを無断でアップロードし、送信できる状態にしていたとして、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで、会社員や大学生計3人を逮捕した。

Shareによる著作権侵害でユーザーが逮捕されたのは初めて。

逮捕されたのは、神奈川県川崎市の会社員の男(34)、東京都日野市の会社員の男(41)、広島県東広島市の大学生の男(21)。

調べでは、3人は4月上旬から中旬にかけ、テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第2話『日本 独立計画』」「機動戦士ガンダムOO 第25話『刹那』」を、Shareを通じて権利者に無断でアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できる状態にし、著作権を侵害した疑い。

3人はそれぞれ、大量にテレビアニメをアップロードしているとして「2ちゃんねる」で話題になっていたという。大学生は「Shareユーザーが喜んでくれることがうれしかったため、アップロードを続けていた」などと供述しているという。

ACCSなどが実施した調査によると、昨年9月時点では「Winny」が約26万4000ユーザーだったのに対し、Shareは約20万ユーザー。だが調査を担当したクロスワープによると、今年の初頭ごろからWinnyユーザーが減る一方、Shareユーザーが増加する傾向にあるという。

ACCSは「Shareには、他人がアップロードしたファイルの断片を自動的に受け取り、公開する機能があるため、ネットワークに参加するだけでも違法送信を自ら行う可能性がある」などとしてShareの使用をやめるよう呼び掛けている。

「Share」ユーザーを著作権侵害で初逮捕 「コードギアス」など違法公開の3人(ITmediaニュース) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク