すげー!<スケートリンク>氷の代わりにパネル、夏もOK 6月発売

スペインのメーカーが、氷なしでスケートリンクを作る事の出来る商品を開発したようです。

高密度のポリエチレン樹脂などを使って、リングとなるボードを作ったようです。

そのボードを組み合わせて、スケートリンクを作り、表面に専用ワックスを塗るだけのようです。

もちろん、普通のスケート靴で滑ることができるそうです。

すげー

また、氷で無いので、季節も関係ないそうです。

さらに、電気や水の節約もできるようです。

寒いのが苦手な私でも、インラインスケートのように、手軽にスケートが出来るではないか~

うん?待てよ。

これって、インラインスケートを使った方が、もっと節約できるのでは?

その昔、ローラースケートがブームの時代がありました。

私の家の近くの遊戯施設にも、ローラースケート場がありました。

場所は、aikoの歌にあったところです。

ま~、この歌は、あまり売れなかったみたいなので、どこ?って人も多いと思います。

それは、さて置き、話をローラースケート場に戻します。

今は、そのローラースケート場はありません。

ま~、理由は、儲からないからでしょう。

ところで、浅田真央などの活躍で、スケートに注目が集まっています。

一時ほどのブームは去ったと思いますが・・・

そんな中、このような商品で、スケート場を作って儲かるのでしょうか?

日本人は、他人から与えられた娯楽、たとえばディズニーランドのようなものは長続きします。

しかし、体を動かす事や、努力が必要なものは、一過性のブームのような気がします。

別に、この商品を否定している訳ではありません。

テレビを見ていると、アメリカではいろいろな年代の人が、いろいろなスポーツを楽しいんでいる風景を見ます。

とても、楽しそうでもあり、健康的でもあります。

それこそが、余暇の楽しみ方ではないでしょうか?

日本で、長期休暇、たとえばゴールデンウィークのネタと言えば、海外旅行が取り上げられます。

その旅行先ですることと言えば、買い物でしょう。

私から見れば、小鳥が口を開けて、餌を与えてくれるのを待っている状態と同じように見えます。

もう少し、自分から何かをする事を考えては?って思います。

そういいながら、私のゴールデンウィークと言えば、家でゴロゴロしていました。

おっと、気が付くと体がなまっています。

メタボ対策の為に、腹筋でもするか~

<スケートリンク>氷の代わりにパネル、夏もOK 6月発売

三菱樹脂の子会社で人工芝の製造・販売などを手掛ける「アストロ」(東京都中央区)は12日、高密度のポリエチレン樹脂などで作ったスケートリンク用パネル材を6月に発売すると発表した。季節や場所に関係なく、簡単に「氷いらず」でスケートリンクを作れる。製氷やリンクの維持に必要な電気や水の節約を図ることができ「地球環境にも優しい」(同社)という。

スペインのメーカーが開発したパネル材を日本で独占発売する。縦約2メートル、横約1メートル、厚さ2センチのパネル材を平らなスペースに敷き、表面に専用ワックスを塗るだけで、スケートリンクが誕生する。一般のスケート靴で滑ることができる。

国内ではスケート場の減少で、選手の練習場所も少なくなっている。同社は運動施設や遊園地などに販売するほか、レンタルでも提供し、5年以内に3億円の売り上げを目指す。

<スケートリンク>氷の代わりにパネル、夏もOK 6月発売(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク