あきれるね!<夕張メロン>初競りで2玉250万円…仲買人ため息

「夕張メロン」の初競りが行われ、2玉(計3.9キロ)が、250万円で競り落とされたそうです。

この金額ですが、過去最高とか。

250万円って、尋常な価格ではないと思います。

正直なところ、あきれます。

初物だからと言って、特別おいしいとは思えません。

どちらかと言えば、味より縁起物でしょう。

しかし、たかがメロンが2玉で、250万円ってのは異常ではないでしょうか。

このメロンを競り落とした人の感想ですが、記事によると、

「夕張を応援したかった」

っとなっています。

これって、本当に応援になるの?って聞きたいです。

今はいいです。

値段が前年より上回っているから。

そして、この異常な値段の為にニュースになります。

これによって、少しは「夕張メロン」のイメージもあがるでしょう。

更なる高級感が増すかもしれません。

しかし、これはいつまでも続きません。

いつまでも高値になるような幻想は、いつか崩れます。

そうなった時に困ります。

何が困るって?

それは、「夕張メロン」のブランド力が落ちる事を意味します。

たとえば、来年の落札額が100万円だったとします。

これでも、異常な価格です。

でも、今年の250万円に比べたら、かなりインパクトがなくなります。

マスコミも、値段が下がったと報道するでしょう。

そうなると、「夕張メロン」のブランド力が落ちたような錯覚に陥ります。

すると、人々の熱は急に冷めます。

そうやって、適正な価格まで下がると思いますが、世間のイメージはそれ以下になるのではないでしょうか?

「夕張メロン」が高級って、過去の事でしょう。

そのようになるのではないかと、私は思うのですが・・・

ま~、世の中を見回せば、値上げ値上げのニュースばかりです。

そんな中、たまには、こんな景気のいい話もいいかもしれませんね。

<夕張メロン>初競りで2玉250万円…仲買人ため息

北海道の初夏の味覚「夕張メロン」の初競りが13日、札幌市中央区の中央卸売市場であり、2玉(計3.9キロ)が250万円の過去最高値で競り落とされた。見守る仲買人は「高額は予想していたが、これほどとは」とため息を漏らした。

競りにかけられたのは12日に夕張市内の農家4軒が収穫した計100玉。競りは午前7時に200万円から始まり、直後に札幌市の卸売業「イビ」(井樋=いび=竜也社長)が250万円で競り落とした。メロンは早速市場近くの直営店に1玉125万円で並んだ。布川健雄店長(24)は「夕張を応援したかった」と話した。

初競りの最高値(2玉)は05年60万円、06年80万円と年々上昇。夕張市の財政再建団体入り後、初となった07年は200万円を記録した。

<夕張メロン>初競りで2玉250万円…仲買人ため息(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク