親知らずを抜きました!これが最後の1本です

いや~、朝から不安でした。

なぜなら、今日、親知らずを抜く日だったからです。

親知らずとしては、最後の1本です。

すでに、後の3本は過去に抜いています。

ところで、何で、1本だけ親知らずが残っていたかと言うと、歯医者の判断でした。

しかし、その親知らずを残した結果、すぐ横の歯が虫歯になりました。

あの時に、抜いとけば良かったと、いまさらながら思います。

今回行った歯医者は、以前行っていた歯医者とは違います。

以前行っていた歯医者は、昔、働いていた職場の近くの為、家から遠いです。

そのため、違う歯医者に変えました。

なぜ、以前の歯医者は、親知らずを抜かなかったのでしょうか?

私には、親知らずを抜くのが、いやそうに見えました。

そこで、今回、歯医者さんに聞いてみました。

すると、やはり、関わりたくないそうです。

今回、私は上の親知らずを抜きました。

上の親知らずの場合、抜いた歯の穴が、すぐ近くにある鼻の空間とつながる?

ま~、面倒な事になる確率が高いそうです。

しかし、今回は、親知らずが原因で、他の歯が虫歯になったので抜かなければなりません。

治療の為に椅子に座った私は、緊張で固まってしまいました。

それほど、怖かったのです。

歯医者の場合は、看護婦ではなく、歯科助手って言うのですか?

その人から

「楽にしてくださ~い」

って言われてしまいました。

そうは言われても、親知らずを抜くのは、久しぶりです。

たぶん、10年ぶりぐらいだと思います。

以前の事など、まったく憶えていません。

気持ちは、初めて親知らずを抜くのと変わりません。

治療は、まず麻酔から始まります。

チックとしますが、結構痛いです。

終わったと思ったら、口の中に、口内炎が出来たような感じがします。

そして、待機です。

麻酔がかかるのを待ちます。

さっさと親知らずを抜いてほしいのですが、待つしかありません。

その間、先生に聞いてみました。

「親知らずを抜くのって、どれぐらいの時間がかかるのですか?」

すると、

「早ければ、1分ぐらいです。」

「でも、場合によったら、30分ぐらい掛かるときもあります」

私は、心の中で、

「たぶん、30分ぐらいの方だろうな~」

「なんたって、普段の行いがわるいからな~」

そして、治療が始まります。

「うわ~、なんか押し付けている感じがするよ~」

「このまま、30分かかるのかい?」

今から始まる、悪夢のような時間を想像しました。

すると、意外にも早く抜けました。

あまりにも簡単に抜けたので、いまいち信じられませんでした。

顔の上には、タオルが掛けられています。

美容院で、シャンプーする時のような状態で、顔にタオルが掛けられています。

そのタオルがどけられると、すぐに、抜いた親知らずを確かめました。

先生は、抜いた親知らずを渡してくれました。

確かに、親知らずは抜いていました。

ところで、私は、白い親知らずを想像していました。

しかし、実際に抜いた親知らずは、まるでコーヒーで染めたような色をしています。

また、親知らず自体も虫歯になっていました。

しげしげと、親知らずを見ていると、先生はピンクのケースをくれました。

歯を入れるためのケースです。

そのケースに親知らずを入れ、ふたをして、そのケースポケットにしまいました。

思ったより、簡単だったのでよかったです。

今日は、これでお終いです。

ほ~(安心のため息)

ところで、また明日、歯医者に行かなければなりません。

それは、今日抜いた親知らずのところの消毒の為です。

でも、びびる事は無いので、後は気楽なものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク