お金余ってるの?村上隆氏のフィギュアに16億円=予想超える高値に会場から拍手-米

村上隆氏のフィギュア作品「マイ・ロンサム・カウボーイ」が、サザビーズでオークションに掛けられ、1516万ドル(約15億9500万円)で落札されたそうです。

気になるのが、どんなフィギュアかって事です。

探してみました。

たぶん、これ?ってのがありました。

しかし、私はこの画像をブログに載せたくありません。

こちらのサイトに、それらしいのがあります。

こちらです。

NYブルックリン美術館で村上隆展:「職場での閲覧には不向き」なフィギュアも | WIRED VISION

上から5番目が、今回の「マイ・ロンサム・カウボーイ」だと思います。

私には、芸術性が感じられません。

逆に、不快でもあります。

私は、仕事でネット販売をしていた事があります。

その時の商品で、フィギュアもありました。

今のフィギュアって、よく出来ていると思います。

それらと比べて、「マイ・ロンサム・カウボーイ」のフィギュアが、優れているとは思えません。

どちらかと言えば、5千円くらいのフィギュアの方が上だと思います。

別に、他人のお金なので、とやかく言う筋合いはありません。

そんな事は、もちろんわかっています。

それにしても、こんなものに16億円も出すとは・・・

私の様に貧乏人は、お金持ちの気持ちがわかりません。

聞くところによると、世の中のお金は余っているようです。

その余っているお金が、次なる投資先を探しているようです。

余っているなら、くれ~って言いたいですが、そうもいかないようです。

でも、これって、投資にもならないと思いますが・・・

もしかして、お金持ちの間では、無駄遣いをする事が流行っているのですか?

それとも、悪い病気でも・・・

記事によると、落札された時に、会場から拍手が起こったそうです。

たぶん、

「あんた、ばかだよ」

って言う拍手ではないでしょうか?

村上隆氏のフィギュアに16億円=予想超える高値に会場から拍手-米

現代美術家の村上隆氏のフィギュア作品「マイ・ロンサム・カウボーイ」が14日夜、米ニューヨークの競売商サザビーズでオークションに掛けられ、1516万ドル(約15億9500万円)で落札された。予想額(300万~400万ドル)を大幅に上回る高値に、会場からは大きな拍手が沸き起こった。
この作品は村上氏が1998年に作製した裸の男性のフィギュアで、高さ254センチ。アクリルとファイバーグラス、鉄で作られている。サザビーズによると、同氏の作品でこれまで最高額だったのは、今年4月に英ロンドンで落札されたフィギュア作品「パンダ」の272万ドルだった。

村上隆氏のフィギュアに16億円=予想超える高値に会場から拍手-米(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク