言葉を選べよ!「オバンだから」とヒロインを降ろされたS・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソンが、新作のヒロインを降ろされて、話題になっているそうです。

スカーレット・ヨハンソン?

だれ?

どうも、カフェラテのCMに出ていたようです。

う~ん、わからん。

地方によったら、そんなCMやっていないかもしれません。

そこで、YouTubeで探してみました。

すみません、見つける事が出来ませんでした。

そこで、ウィキペディア(Wikipedia)でもと思って見たところ、”「マウントレーニア カフェラッテ」”とわかりました。

そこで、”マウントレーニア カフェラッテ”調べると、メーカーのページにCMがありました。

これです。

CM情報|森永乳業

いや~、こんなCM見た事ないです。

ついでなので、ウィキペディアの情報も載せておきます。

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson、1984年11月22日 – )は、アメリカ合衆国の女優。

ハスキーボイスとぽってりとした唇が特徴。ゴシップ方面も含め、現在ハリウッドで最も注目されている役者の一人である。身長163cm、体重54㎏。左利き。英語での発音は「ジョハンソン」の方が近い。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ところで、今回、スカーレット・ヨハンソンが、新作のヒロインを降ろた理由は、記事によると、

”「オバサンだから」という理由”

だそうです。

スカーレット・ヨハンソンの年齢は、23歳だとか。

で、スカーレット・ヨハンソン代わりに、18歳のエマ・ワトソンだそうです。

エマ・ワトソン?

これまた、誰って感じですが、

「ハリー・ポッター」シリーズで、ハーマイオニー役をやっていたそうです。

私は、ハリー・ポッターを見ていないので、まったくわかりません。

私の感想としては、

「もうちょっと、言葉を選んで、記事かけよ~」

です。

スカーレット・ヨハンソンが、オバンでヒロインをおろされたなら、

エマ・ワトソンは、ガキだからヒロインになったのか?

たしかに、記事のタイトルは大切です。

意外性によって、読まれるかどうか決まってきます。

しかし、プロなら、もうちょっと違う表現方法はないか?

って思います。

今回は、映画か舞台か知りませんが、もし映画なら、この記事を読んでも興味がわいてきません。

もうちょっと、夢のある内容を期待したのですが・・・

あんた、こんな言葉使いしてると、育ちがばれるよ。

海外芸能ニュース 「オバンだから」とヒロインを降ろされたS・ヨハンソン (ゲンダイネット)

カフェラテのCMで日本でも人気が高い、透明感のある清楚なニューヨーク出身美人女優スカーレット・ヨハンソン。まだ23歳なのに「オバサンだから」という理由で新作のヒロインを降ろされたというので話題になっている。

問題の作品は英領の孤島セントヘレナに流された皇帝ナポレオンを主人公にした「ナポレオンとベッツィ」。同作品でプロデューサーを務めるヨハンソンがナポレオンと恋に落ちる激情的な貴族の娘、ベッツィ役に決まっていて、すっかりその気になっていたのだが、突然の降板騒ぎ。

「降板の理由は監督で脚本を書いているベンジャミン・ロスの意向。ヨハンソンはベッツィには年を取りすぎているということのようです」(消息通)

ロスが指名したベッツィ役の新たな女優は弱冠18歳のエマ・ワトソン。ご存じ、「ハリー・ポッター」シリーズで愛くるしいハーマイオニー役を演じてブレークした若手だ。

まだ23歳で「オバサン」の“烙印”を押されたヨハンソンだが、俳優のライアン・レイノルズ(31)と婚約したというニュースが飛び込んできた。

ハッピーだから、まあいいか。

「オバンだから」とヒロインを降ろされたS・ヨハンソン – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク