もっと薄いと思った!MacBook Airって案外分厚いな

デジカメが見たくて、電気屋に行きました。

種類は沢山あるのですが、安いのがありませんでした。

目的は終わり、帰ろうかと思いました。

しかし、それだけで帰るのも、もったいない気がして他を見ることにしました。

とりあえず、パソコンを見ることにしました。

と言っても、あまり興味はありません。

なぜなら、OSが Windows Vista のパソコンばかりだからです。

ふらふら歩いていると、パソコンの購入を考えている人が、店員から説明を聞いています。

店員の説明を横で聞いていると、あまり話の切れが良くありません。

どうも、店員の正直な気持ちは、Windows XP を薦めたいようです。

しかし、その店にある新しい機種は、Windows VIsta ばかりです。

その店は、Windows XP のパソコンがまったく無い訳ではありません。

でも、それは型落ちです。

店員としては、最新機種を売りたいのでしょう。

説明のところどころで、言い訳をしているような感じもします。

また、曖昧でもあります。

パソコンのブームも去り、いまさら新規にパソコンを買うような人です。

どうせ、パソコンでは、インターネットとメールだけだと思います。

それなら、型落ちのパソコンで十分だと思います。

使えない Vista の最新機種なんかの為に、高いお金を出すなんて・・・

そんな事を思いながら、その場を後にしました。

そのまま歩き進めると、パソコンコーナーの隅っこまで来てしまいました。

ふとそこを見ると、アップルの商品が申し訳なさそにありました。

今でも、アップルの根強いファンはいるようです。

私には、理解できませんが・・・

確かに、昔は優れたところもありました。

しかし、これだけ技術が進むと、それはもう過去の事です。

そんな事を思いながら見ていました。

すると、少しデザインが違うパソコンに気づきました。

横のノートパソコンと比べて、丸みがあるデザインです。

もしや!

そこで、名前を確かめました。

やっぱり、MacBook Air です。

実は、以前にも、電気屋に MacBook Air を見に行った事がありました。

しかし、その時は実物を見ることは出来ませんでした。

MacBook Air と言えば、テレビのCMでおなじみだと思います。

MacBook Air の売り文句の一つが、薄いって事ではないでしょうか?

CMでは、紙封筒のようなものに、MacBook Air を入れています。

私の想像する MacBook Air は、とても薄いパソコンです。

まるで、書類の束のような厚みしかないのでしょう。

もしかして、力を入れるとパソコンが折れるのでは?

そんなイメージを、CMから感じていました。

でも、実際に見てみると、それほど薄くありませんでした。

角のところが、丸みを帯びたデザインなので、一見薄いように見えます。

しかし、一番厚みのあるところで見ると、それほどではありませんでした。

なんか、CMのイメージにだまされた感じがします。

MacBook Air が発売された当初、あまりにも薄くて、空港でパソコンと分かってもらえなかったというニュースを聞きました。

実物を見て、そのニュースはガセだなと思いました。

だって、実物はそれほどインパクトないも~ん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク