興味ある?<バンダイ>ガンプラ“秘密工場”が一般公開 ホワイトベース型成型機に制服も

バンダイが、「ガンプラ」の工場を一般公開したようです。

「ガンプラ」とは、アニメの「機動戦士ガンダム」のプラモデルのことです。

自分で、ガンプラの説明を書きながら、たぶん説明はいらないのでは?と思いながら書いています。

それくらい、私と同世代の人には当たり前の言葉です。

私も、子供の頃、ガンプラを買いました。

ブームの為、人気のある商品は買えず、それでもガンプラがほしくて、不人気のプラモデルを買いました。

ガンプラとは、ガンダムのプラモデルの総称であり、アニメのガンダムに出てくるプラモデルを、すべてガンプラといいます。

それでも、ガンプラが買えて嬉しかった事を思い出します。

そのブームは、すさまじく、ガンプラの類似品が出ていたぐらいです。

この類似品ですが、その当時は

「こんなの、買うやついね~よ」

と思っていました。

ところが、この類似品、かなり皆の記憶に残っているらしく、今ではプレミアがついているようです。

今となっては、本家のガンプラより価値があるかもしれませんね。

そのように、私の世代にとって、青春の1ページかもしれない、ガンプラ工場の公開です。

記事によると、”年間約600人の定員に約3万人が応募、競争率50倍の難関になっている人気ぶり”とか。

わかるような気がします。

だって、この私が見たいぐらいだもの・・・

ところで、アニメの「機動戦士ガンダム」ですが、シリーズ化されているようです。

Yahooの動画サイトで調べてみると、タイトルにガンダムと付くアニメが沢山ありました。

その何本かは、無料で見ることが出来ました。

やはり、最初の「機動戦士ガンダム」を超えるものはありませんでした。

一見、子供向けアニメのようです。

しかし、懐かしくもあり、大人になってガンダムを見てみました。

すると、主人公アムロの子供から大人への成長を表現した、内容の深いものだと気づきました。

子供の頃は、ガンダムってカッコイイって程度でした。

まさか、そんな深いテーマがあるなど、まったく気づきませんでした。

初期のガンダム以降は、ただのロボットアニメって感じで、面白くありませんでした。

そのように、思い出いっぱいのガンダムです。

この工場見学ですが、予約が必要のようです。

今は、申し込んでもたぶん見れないでしょう。

少し、落ち着いたら、私も工場見学を申し込んで見たいと思います。

<バンダイ>ガンプラ“秘密工場”が一般公開 ホワイトベース型成型機に制服も

バンダイの工場「バンダイホビーセンター」(静岡市葵区長沼)が17日、同市で開催中の国内最大級のプラモデルの見本市「静岡ホビーショー」に合わせ、初めて一般向けに開放された。アニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツのプラモデル「ガンプラ」を開発、製造する工場に“潜入”し、その裏側を明らかにする。

同センターは、環境や地域との共生を目指して06年3月に完成。工場の外観は、原作でガンダムを開発したとされる「アナハイム・エレクトロニクス社」マークがあしらわれるこだわりぶり。1階には、歴代ガンプラに加え、「マジンガーZ」のプラモ、「月光仮面」のフィギュアがなど懐かしのヒーローものなどが勢ぞろい。2階で製造工程を紹介するパネル展示を見て、工場の全体を見学できる。

何とガンプラの成型機は、ホワイトベースそっくりで、社員の制服は連邦やジオン軍の制服そのまま。役職が階級章で現されており、ガンダムテイストいっぱいだ。06年5月から月1~2回、予約制で公開され、年間約600人の定員に約3万人が応募、競争率50倍の難関になっている人気ぶりだ。今回初めての一般公開に、同社の安達盛弘さんは来場者数について「全く見込みはつきません」と話ていた。

この日は、ガンプラや限定商品などの販売に加え、人気アニメ「ケロロ軍曹」のステージイベントやガンプラ開発者によるトークショー、子供たちにプラモデル制作を教えるイベント「青空ガンプラ教室」なども行われた。一般公開は18日まで、午前10時~午後4時、無料。最新作アニメ「機動戦士ガンダム00」の出演者によるトークショーも開かれる。

<バンダイ>ガンプラ“秘密工場”が一般公開 ホワイトベース型成型機に制服も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク