どうなるの?<ヤングサンデー>小学館「休刊を検討」 Dr.コトー、クロサギが人気

「週刊ヤングサンデー」が、休刊になるかもしれないそうです。

出版不況が叫ばれていますが、ついに漫画にもか~って感じです。

ところで、最近、あまり漫画を読まないので、

「週刊ヤングサンデーって、どんな漫画があったかな?」

って状態です。

正直なところ、週刊ヤングサンデーに思い入れがありません。

記事によると、「1ポンドの福音」(高橋留美子)や「海猿」(佐藤秀峰)などが連載されていたようです。

私は、どちらも単行本で読んだので、週刊ヤングサンデーに連載されていたとは知りませんでした。

これの元記事には、ヤングサンデーの表紙の画像がありました。

こちらです。

ヤングサンデー

「う~ん、これが漫画の表紙か?」

水着のおねーちゃんが目立ちます。

見方によったら、服を着ていない、お姉さまの写真が載った本のようにも見えます。

俗世間で言うところの、エロ本です。

なんか、買うのが恥ずかしい気もします。

それなりのヒット作があったにも関わらず、休刊を検討しなければならない背景は、この辺が関係しているのではないでしょうか?

表紙は、本の顔でもあります。

それがこのような状態では、中身の漫画に期待できません。

漫画雑誌の売れ行きは、漫画によって変わってきます。

それなら、漫画で勝負するべきではないでしょうか?

確かに、今の表紙は注目を浴びると思います。

でも、このやり方では、本来のターゲットにアピール出来ないのではないでしょうか。

週刊ヤングサンデーが、休刊になるかも知れないのは残念です。

しかし、漫画で勝負するように感じられないので、休刊になっても仕方ないと思います。

<ヤングサンデー>小学館「休刊を検討」 Dr.コトー、クロサギが人気

小学館は19日、青年マンガ誌「週刊ヤングサンデー」について、「休刊も視野に入れている」ことを明らかにした。

同誌は、87年4月に創刊の隔週刊の青年誌で、95年11月から週刊化された。「1ポンドの福音」(高橋留美子)や「海猿」(佐藤秀峰)などで人気を集めた。現在は、離島の医療問題を描きテレビドラマ化もされた「Dr.コトー診療所」(山田貴敏)や詐欺師同士の戦いを描く「クロサギ」(黒丸)などの人気作が連載されている。

同社広報室は「将来を見据えた経営判断に基づき、今後のあり方を検討している。休刊も視野に入れているが、最終的な決定には至っていない」とコメントしている。

<ヤングサンデー>小学館「休刊を検討」 Dr.コトー、クロサギが人気(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コマメ より:

    コメントありがとうございます。
    昔は、漫画ばかり読んでいました。
    しかし、年とともにその機会も減ってきました。
    でも、たまに読もうと思うときがあります。
    しかし、継続して読んでいないと、どれが面白いか分かりません。
    学生の頃のように、どれが面白いかなどの情報も手に入れることが出来ません。
    そうなると、漫画の表紙も選ぶ基準になります。
    では、表紙がよければ内容がいいかと言えば、それも一概に言えません。
    しかし、普通いいものは、全体を見ても水準以上ではないでしょうか?
    たとえ、一部分が優れていても、他が劣っていれば、一部のファンしか応援しないと思います。
    今回のコメントを見ると、深い思い入れがあるよう感じます。
    その様な所を、感情に任せた発言をするのではなく、具体的に表現していただけないでしょうか。
    もし、それが出来ないであれば、私もバカですがあなたも同じようなものだと思いますが・・・

  2. cabn より:

    バカかおまえは・・・
    中身見てないヤツが表紙だけで、語るな!