ウソみたい!迷子インコ、住所しゃべり無事帰宅「教えててよかった」

遺失物として、捕獲したインコが、自分の家の住所や名前を喋ったそうです。

その結果、無事に飼い主の元へ返還されたそうです。

ま~、ウソみたいな話です。

無事に帰れてよかったな~と思います。

ところで、私は子供の頃、鳥が飼いたかったです。

特に、今回のような、喋る鳥です。

私の場合は、インコではなく、九官鳥だったと思います。

そんな鳥がいれば、鳥とお話が出来ると思っていました。

アニメの世界のように、人間と同じように話せるものと思っていました。

そこで、親に買ってほしいとねだりました。

でも、親は、なかなか「うん」と言ってくれません。

私は、何かとすぐあきらめます。

でも、その時は、かなりねだったようです。

ついには、親の方が根負けしたようです。

そして、鳥を買いに行く事になりました。

この辺までは、私もかすかに覚えています。

この後は、親から聞きました。

しかし、結局は、鳥を買わなかったそうです。

どうも、お店までは行ったようです。

でも、実際の鳥を見て、

「くさい!」

と言って、ほしくなくなったようです。

そんな事を、ふと思い出しました。

迷子インコ、住所しゃべり無事帰宅「教えててよかった」

千葉県流山市西松ヶ丘の路上で今月6日、大型インコのヨウムが見つかり、流山署で遺失物として捕獲して「落とし主」を探していたところ、この鳥が自らの住所や名前をしゃべり出し、19日、同市名都借(なづかり)に住む飼い主の男性へ無事返還された。

同署の発表によると、ヨウムはオスで体長約30センチ。住民から同署に「鳥がいる」との通報があり、署員が民家のフェンスに止まっていたヨウムを捕まえた。その際、ヨウムは何もしゃべっていなかったが、市内の動物病院に依頼して保管していたところ、16日になって「…ヨウスケクン、ナガレヤマシ…」などと飼い主方の番地まで含めた住所や、自分に付けられていた名前を言い始めたという。19日に動物病院側から同署に連絡があった。

同署によると、飼い主の男性は「飛ばないので近くにいると思って探していた。住所や名前を教えていて、よかった」と話していたという。

迷子インコ、住所しゃべり無事帰宅「教えててよかった」(読売新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク