とりあえず良かった!ムンクの「叫び」、盗難後の修復終え公開へ

ムンク作の「叫び」が、修復を終え、公開されるそうです。

何で修復?

どうも、過去に盗難にあったようです。

ところで、名画の盗難はたびたびニュースで見ます。

しかし、後に見つかる事も、しばしば・・・

何でかと言うと、あまりにも有名な作品は、足が付くので売れないみたいです。

そのため、ゴミ捨て場にポイってのも、過去にあったようです。

有名な絵画は、皆のものです。

そんな、粗悪に扱うな~って言いたいです。

もちろん、盗む事は悪い事です。

でも、盗んでも、その作品は大切にしてほしいです。

いずれ、また、表舞台に戻る事もあるからです。

ところで、今回のムンクの「叫び」ですが、かなり有名だと思います。

とりあえず、念のために、ムンクの「叫び」の画像です。

ノルウェーの画家エドバルド・ムンクの傑作「叫び」

構図の面白さか、このスタイルを真似する事があると思います。

でも、間違っている場合があります。

それは、手の位置です。

叫びってタイトルだから、手を口の方に持っていく人がいます。

正しくは、耳の位置です。

これは、耳を手でふさいでいるスタイルです。

誰かの叫びを、聞きたくな~いってスタイルでしょうか?

今度、真似する時は、くれぐれも気をつけてください。

ムンクの「叫び」、盗難後の修復終え公開へ

2004年に盗難に遭い、2年後に警察により発見されたノルウェーの画家エドバルド・ムンクの傑作「叫び」が修復を終え、23日から公開されることになった。同作品を所蔵するムンク美術館の関係者が21日、明らかにした。
同作品と同じくムンクの「マドンナ」は、2004年8月に同美術館から武装した強盗により、白昼堂々と盗まれた。額から外された両作品は盗難中に損傷を受けていた。
2006年に発見後、5人の専門家チームによる修復期間中は、短期間だけ展示されただけで、一般に公開されていなかった。

ムンクの「叫び」、盗難後の修復終え公開へ(ロイター) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク