私も何冊か買いました!<あだち充>単行本累計発行部数が2億冊突破 「みゆき」「タッチ」などで人気

「みゆき」「タッチ」などで知られるマンガ家、あだち充さんのマンガの単行本の累計発行部数が、2億冊を突破したことが分かったそうです。

私も昔、タッチを何冊か買いました。

だから、2億冊の中には、私も入っています。

あだち充の漫画の中には、よく野球のシーンが出てきたと思います。

私は、野球があまり好きではありません。

理由は、私の楽しみを、野球が奪ったからです。

今では、野球はあまり人気がないようです。

その証拠に、視聴率が悪いようです。

以前、テレビをつけると野球をやっていました。

私がテレビをつけたのは、見たい番組があったからです。

でも、野球をやっています。

「あれ~」

と思っていると、野球の途中なのに、放送が終わりました。

昔なら、絶対考えられない事です。

そのまま、放送を延長するのが普通でした。

その結果、楽しみにしていた、アニメが中止になっていました。

そんな、しょうもない理由で、野球が嫌いでした。

でも、タッチは、野球漫画でもあります。

なのに、なぜか好きでした。

このタッチですが、何度かドラマ化されたような記憶があります。

最近もやっていたような・・・

今は時代も変わりました。

昔、タッチが連載されていた頃は、茶髪なんて、ヤンキーだけでした。

アイドルも、カリスマ性がありました。

誰もが好きな、人気のアイドルってのもいました。

今は違います。

好きなアイドルは、人によって違います。

もう、昔と違って共通のアイドルなんていません。

タッチの漫画の中には、南ちゃんというアイドルが出てきます。

学校中の皆から、憧れの人です。

昔なら、人気のあるアイドルがこの役をやれば、それなりにまとまったと思います。

でも、それを、今やると滑稽でもあります。

この人が、南ちゃん役~

その様な不満が出ます。

私達の思い出を、そっとしておいてほしいです。

<あだち充>単行本累計発行部数が2億冊突破 「みゆき」「タッチ」などで人気

「みゆき」「タッチ」などで知られる人気マンガ家、あだち充さんのマンガ単行本の累計発行部数が2億冊を突破したことが分かった。小学館発行のマンガ家で、単行本が2億冊を超えるのはあだちさんが初めて。28日発売の「週刊少年サンデー」(小学館)の26号は、「2億冊突破記念号」として、あだちさん描きおろしの特製ブックカバーを付けるほか、応募者全員サービスとしてあだちさんのマンガのキャラクターが勢ぞろいしたトランプをプレゼントするキャンペーンを行う。

あだちさんは、二人の「みゆき」の間で揺れる三角関係を描いた「みゆき」、高校野球をテーマに双子の兄弟と幼なじみの恋愛模様が展開する代表作の「タッチ」など数多くのヒット作を送り出し、現在も「週刊少年サンデー」(小学館)の看板作家として「クロスゲーム」を連載している。

<あだち充>単行本累計発行部数が2億冊突破 「みゆき」「タッチ」などで人気(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク