怖いな!米ミズーリ州の自動車ディーラー、車購入者に銃を進呈

アメリカのある自動車ディーラー車が、購入者に銃などを無料進呈するキャンペーンをしたところ、車とトラックの売り上げが大幅に伸びたそうです。

アメリカと言えば、銃社会のイメージがあります。

それでも、キャンペーンの商品が、銃ってのもどうかと思います。

私は、以前、ブラジル人と一緒に働いていた事がありました。

仕事は、機械のオペレーションなので、結構暇でした。

だから、ブラジル人と、いろいろな話をしました。

そこで、私の高校時代の話になりました。

私は、高校時代、寮に入っていました。

その寮では、夜は鍵がかけられ、外出できません。

でも、のどが渇き、ジュースが飲みたくなる事があります。

そこで、窓から抜け出し、ジュースを買いに行っていました。

その事をブラジル人に話すと、

「ブラジルやったら、撃たれるで」

その様な事を言われました。

私達は、銃になじみがありません。

しかし、外国は違います。

改めて、日本の平和さを思い知らされたような気がしました。

米ミズーリ州の自動車ディーラー、車購入者に銃を進呈

米ミズーリ州の自動車ディーラー車が22日、購入者に銃などを無料進呈するキャンペーンを今週開始したところ、車とトラックの売り上げが大幅に伸びたことを明らかにした。

銃を持ったカウボーイがトレードマークとなっているこの自動車ディーラーは、過去3日間で車とトラック合計30台以上を販売したという。通常よりもはるかに多いこの販売台数について、経営者のマーク・ミューラー氏は、購入者に銃販売店で使える250ドル分の金券か250ドル分のガソリン券を進呈する販促の効果だとしている。

同キャンペーン開始以降の購入者のうち、カナダ人男性1人と年配の男性1人を除く全員が、銃を購入できる金券を選んだという。

米ミズーリ州の自動車ディーラー、車購入者に銃を進呈 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク