ラッキー?英国でテスト用紙の最終ページに解答載せる「印刷ミス」

イギリスの音楽の試験で、テスト用紙の最終ページに、印刷ミスで解答が載っていたそうです。

なんて、ラッキーなの!って思います。

記事によると、この試験は1万2000人が受けたようです。

そのラッキーに気づいたのは、全体の5%だったそうです。

ところで、運も実力の内といいます。

それは、試験でも言えるようです。

この運ですが、皆に平等にあるわけではありません。

私は、試験でその様なラッキーに、めぐりあった事が一度もありません。

世の中には、ラッキーな人もいます。

これって、不公平でしょうか?

結果だけ見れば、不公平のように見えます。

でも、違います。

ラッキーな人は、努力しています。

実際は、努力している人だけに、ラッキーが訪れます。

たとえば、試験予想が当たったとします。

普通なら、ラッキーです。

でも、私の場合は違います。

なぜなら、勉強していないので、予想が当たったことすら分かりません。

世の中、不公平のように見えます。

よく調べてみると、案外こんものかもしれませんね。

でも、私は努力なんて出来ないよ~

英国でテスト用紙の最終ページに解答載せる「印刷ミス」

英国の学校で先週実施された中等教育の初等レベルに相当するGCSEの音楽の試験で、テスト用紙の最終ページに解答を掲載するという「印刷ミス」が発生していたことが分かった。試験実施団体OCRのスポークスマンが22日に明かした。

同試験を受験した生徒の数は1万2000人だったが、OCRによると受験生のほとんどは解答が最終ページに書いてあるという「幸運」に気付かなかったもよう。印刷ミスの影響があった可能性のある生徒数は、全体のたった5%だったという。

英国でテスト用紙の最終ページに解答載せる「印刷ミス」 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク