声優使えよ!ジブリ最新作『崖の上のポニョ』に山口智子、長嶋一茂らが声優参加

宮崎駿監督によるスタジオジブリ最新作は、『崖の上のポニョ』で、公開は7月19日だそうです。

その『崖の上のポニョ』の、声の出演をするメインキャストが発表されたそうです。

記事によると、主人公の少年・宗介を土井洋輝、その母・リサを山口智子、父・耕一を長嶋一茂が務めるそうです。

ところで、主人公の声をする 土井洋輝 ってだれ?

ちょこっと、調べてみました。

まず、本人のホームページです。

トップ:土井洋輝公式サイト:N・A・C広島

私は、今回の声の配役には、かなり不満です。

理由は後で書きますが、そのつもりでお読みください。

先ほどの、”土井洋輝公式サイト”のリンクをクリックすると、本人の画像が出てきました。

なんと、ガキです。

すかしたポーズが、うっとおしく見えます。
(土井洋輝に、うらみはありませんが、坊主憎けりゃ何とやらと言う感じなので、このような表現になる事をお許しください。)

ま~、主人公が少年だから、ある意味正しい選択かもしれません。

でも、こんなガキ見たことありません。

次に、土井洋輝のプロフィールを見ました。

氏名 :土井洋輝 (ドイ ヒロキ)

生年月日:1999年8月10日

身長・体重:身長121 体重20

◇TBS 「水戸黄門」 (第38部 第4話) 勘太役
◇ANB 「おいしいごはん!鎌倉:春日井米店」春日井翔太役レギュラー
◇NHK 土曜ドラマ「ジャッジ」添田翔太役レギュラー
◇NHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」徳永隆役レギュラー
プロフィール:土井洋輝公式サイト:N・A・C広島

土井洋輝は、子役として活躍しているようです。

さて、私が不満な理由は、声優として素人ばかりを使っているからです。

アニメと言えば、声優の演技力で、作品が替わってきます。

過去に、私の好きなアニメが映画化されたことがあります。

しかし、その声優は、話題づくりのためか、テレビとは違う人でした。

芸能人です。

その人は、過去にドラマでヒットを飛ばしましたが、声優としての経験はあまりないと思います。

案外、それが声優として始めてかも知れません。

声優が代わったおかげで、そのアニメの映画は、まったく面白くありませんでした。

ところで、アニメと言えば、まだまだ地位が低いのではないでしょか?

しかし、宮崎アニメとなれば別です。

でも、このような配役にすると、話題づくりの為に選んだようにしか思えません。

元記事には、これに対するコメントが書けるようになっていました。

他の人の意見は、どうでしょうか?

やはり、声優を使わない事が不満なようです。

ず~と、コメントを見ていると、”宮崎駿は声優が嫌いらしい”ってのがありました。

これが本当なら、今回の配役は納得できます。

そこで、これに関して、ちょこっと調べてみました。

声優の起用
『紅の豚』以降は本業としての声優をほとんど起用せず、俳優、女優を起用する事が多い。この点に関して一部の非声優の演技力等について否定的な意見がある。もっとも、近年の俳優、タレント起用に関しては、宮﨑以外のジブリ作品も同様であり、製作の鈴木敏夫の意向が強いとされている。ただ宮崎本人も、海外メディアとのインタビューの中で「我々が欲しいのはコケティッシュな声ではない」という旨を述べている。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上の表現では、コケティッシュな声と、上品です。

しかし、”「娼婦の声」と酷評”と表現しているところもありました。

でも、はっきりしないのが現状のようです。

さて、今回の『崖の上のポニョ』は、どのような映画になるのでしょうか?

先ほどは、土井洋輝のことを、ガキなどと表現しました。

でも、稀に天才と呼ばれる子供が出現します。

今回の作品で、その様に呼ばれる事を期待します。

今から、楽しみですね。

ジブリ最新作『崖の上のポニョ』に山口智子、長嶋一茂らが声優参加

この夏、最大の注目映画である宮崎駿監督によるスタジオジブリ最新作『崖の上のポニョ』。7月19日の公開まで2か月を切り、いよいよ声の出演をするメインキャストが発表された。主人公の少年・宗介を土井洋輝、その母・リサを山口智子、父・耕一を長嶋一茂が務める。山口は「夢と希望にあふれた、壮大なスケールの宮崎駿さんの作品が大好きです。作品にかかわらせていただける幸せを、リサのポジティブパワーに転換させてゆきたいです」と喜びのコメントを寄せている。

『崖の上のポニョ』は、崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介と、人間になりたいと願うさかなの子・ポニョの物語。アニメ声優は今回が初挑戦になる宗介役の土井は、「千と千尋が大好きで、いっぱい見ていたので、すごくうれしくて夢みたいです」。内航貨物船の船長で家を不在にすることが多い父を演じる長嶋は「宮崎さんの作品に参加できるのはとても光栄だと思う反面、アフレコの経験がなく、不安もありますが、楽しみにしています」とコメントしている。

そのほかのキャストは、ポニョの母であり海なる母・グランマンマーレを天海祐希、ポニョの父であり海中でウバザメ号を操るフジモトを所ジョージ、そしてポニョを奈良柚莉愛が演じる。それぞれ「どの作品もやさしい愛が物語を包んでいる、そんなジブリ作品は自分自身、好んで見る映画ですので、参加できてとてもうれしいです」(天海)、「久しぶりの仕事の手ごたえです。行き当たりばったりのようなところがフジモトと似ているかもしれません」(所)と語る。

このメインキャストとキャラクター写真は6月14日より劇場チラシに掲載される予定。公開に向けていよいよこの夏最大の注目作がベールを脱ぐ。

ジブリ最新作『崖の上のポニョ』に山口智子、長嶋一茂らが声優参加(オリコン) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. そうかな より:

    子供が子供の役じゃいけませんかね
    海外でも大作アニメーションは子供が子供の役をやりますよ
    トトロなんて外語バージョンではサツキ・メイは子役がやってます

    声優さんってそんなにいいですかね
    普段声優さんがしてらっしゃるアニメの演技は大げさで脂っこくどうもなっと思っている人も多いのではないでしょうか
    「河童とクウの夏休み」ではメインキャストは芸人・俳優・子役ですよ(これは宣伝ではなく原監督の意向です)
    でも臨場感たっぷりで凄く良い映画でした。サマーウォーズやスカイクロラもそうですし
    俳優さんにも声優さんにも上手い下手あるでしょう
    声優以外の演技・声はうけつけないと感じるなら、それは既存のアニメに毒されすぎではないでしょうか?