期待したのだが!Windows 7はVistaベース、新カーネルはなし

次期版OS「Windows 7」は、新しいカーネルではなく、Windows Vistaを基盤にするそうです。

なんか、がっくりです。

私は、Vistaを見送り、Windows 7の発売まで待つつもりでした。

どのOSも発売当初は、評判が悪いのが普通です。

しかし、Vistaは、評判が悪いままのような気がします。

理由としては、今までとのソフトの互換性。

今まで使えたソフトが使えね~って事で、新しくソフトを買う必要が出てくる。

そして、見た目の為だけの、過剰とも思えるメモリー等です。

その分、パソコンが高くなる。

今回の話は、カーネル部分なので、最終的にどの様に仕上がるかはわかりません。

しかし、今回のVistaの教訓を含んでいないようなので、ユーザーを無視した商品開発を続行するようで残念です。

ところで、カーネルって何?

私は、Linux(リナックス)に興味を持ったことがあるので、そのときにカーネルと言う言葉を聞いたことがあります。

なんとなくイメージは出来るのですが・・・

ちなみに、Linuxとは、WindowsのようなOSの事です。

そこで、カーネルについて、ちょこっと調べてみました。

カーネル 【kernel】
OSの基本機能を実装したソフトウェア。OSの中核部分として、アプリケーションソフトや周辺機器の監視、ディスクやメモリなどの資源の管理、割りこみ処理、プロセス間通信など、OSとしての基本機能を提供する。追加機能や周辺機器の制御ソフトウェア(ドライバ)などをモジュール化して、後から追加できるようになっている。
カーネルとは 【kernel】 – 意味・解説 : IT用語辞典

分かっていただけたでしょうか?

私は、分かりません。

そこで、もう一つ、カーネルに付いて探す事にしました。

カーネル(英:Kernel)とは、階層型に設計されたオペレーティングシステムの中核となる部分である。システムのリソースを管理し、ハードウェアとソフトウェアコンポーネントのやりとりを管理する。

オペレーティングシステムの基本コンポーネントとして、カーネルはメモリ、CPU、入出力を中心としたハードウェアを抽象化し、ハードウェアとソフトウェアがやり取りできるようにする。また、ユーザープログラムのための機能として、プロセスの抽象化、プロセス間通信、システムコールなどを提供する。

これらのタスクはカーネルによって方式が異なり、設計も実装も異なる。モノリシックカーネルは全てを一つの仮想アドレス空間に格納されたコードで実行して性能を向上させようとする。マイクロカーネルはサービスの大部分をユーザ空間で実行し、コードの保守性とモジュール性を向上させようとする[1]。多くのカーネルはこの二つのカテゴリのいずれか(あるいは中間)である。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

どうでしょうか?

私は、???が頭の中で舞っています。

そこで、間違っているとは思いますが、私が独断と偏見を含めた説明をさせていただきます。

パソコンのプログラムは、使われる場所で名前が変わります。

どう言うこと?

これを人間でたとえます。

たとえば、あなたの名前を山田太郎とします。

家に帰れば、山田太郎さんは、お父さんと呼ばれます。

会社では、部長と呼ばれます。

飲み屋などの、おねーちゃんからは、社長と呼ばれます。

このように、同じ人間なのに、場所によって呼び方が代わります。

これと同じように、プログラムも、場所によって呼び方が代わります。

たとえば、プリンターなどを動かすプログラムを、ドライバといいます。

ワープロのソフトのワードや、表計算のソフトのエクセルは、アプリケーションと呼ばれます。

そして、キーボードをたたくと、画面に文字が出ます。

マウスを動かすと、カーソルがそれにあわせて動きます。

これらのソフトの事を、OSと呼びます。

OSは、いわば会社のようなものです。

会社の中には、営業や経理などのいろいろな部署があります。

そして、その中でも、社長のいる偉い部署があります。

その部署が、カーネルです。

社長の考えで、会社はいろいろ代わります。

あくどい事を考えていると、悪い会社になります。

今回の、次期版OS「Windows 7」は、新しいカーネルではなく、Windows Vistaを基盤にすると言う事は、

前Vista社長の考えを、そのまま引き継ぐとも取れます。

だから、私は、今回の決定を嘆いております。

分かりやすく説明したつもりですが、余計分かりにくくなったでしょうか?

もっと勉強しておきます。

ごめんね~

Windows 7はVistaベース、新カーネルはなし

米Microsoftが、次期版OS「Windows 7」は新しいカーネルではなく、Windows Vistaを基盤にすると明らかにした。

同社は5月27日、Windows Vista公式ブログでWindows 7の状況について報告。その中で、Windows 7はWindows Server 2008と同様にWindows Vistaを土台にすると説明、一部で流れている「MicrosoftがWindows 7向けに新しいカーネルを開発している」という憶測を否定した。

Windows 7では新カーネルを採用するのではなく、Vistaのカーネル設計やコンポーネント化のモデルを改良するとMicrosoftは述べている。ただし、そうした変更がユーザー体験や、アプリケーションとハードウェアの互換性に悪影響を与えることはないという。実際、同社はWindows 7の目標の1つとして、Vistaの推奨ハードやVista対応アプリケーションとの互換性確保を挙げている。

Windows 7の進捗状況について、同社は「Vista発売から約3年後」の出荷に向け、順調に進んでいると述べている。β版のリリース予定については明らかにできる状態にないとしている。

また同社は、これまでWindows 7の情報をあまり公開してこなかったことについても説明している。同社は通常、新OSをリリースしてすぐに次期版OSの話をするが、Windows 7ではパートナーと顧客への影響を考えて、慎重に情報を提供するとしている。例えば、同社は数カ月前から、Windowsベースのハード、ソフトを開発するパートナー向けにWindows 7の予備的な計画を明らかにしているという。

Windows 7はVistaベース、新カーネルはなし(ITmediaニュース) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク