どうなるの?オリックスのラロッカ、右ひじ手術で今季絶望=球団は解雇も検討-プロ野球

オリックスの、グレッグ・ラロッカ内野手が、解雇になるかもしれないようです。

なんで?

右ひじ側副靱帯(じんたい)の再建手術を受け、全治8カ月ほどの見込みで、今季中の復帰は絶望的だからみたいです。

ところで、この選手は活躍していたの?

記事によると、”今季26試合に出場し、打率1割6分9厘、1本塁打、9打点”のようです。

さて、私は、野球を含め、スポーツはまったく分かりません。

この成績の 打率1割6分9厘 も、いまいちどうか分かりません。

でも、イチローなどの、よく打っている選手が、3割台なので決していい成績とは言えないのではないでしょうか?

そんな野球の分からない私ですが、怪我といえば、清原が思い浮かびます。

野球を見ないので、清原がプレイしているか知りません。

でも、いつも清原を見るときは、怪我のニュースばかりのような気がします。

それならば、ラロッカより、清原を先に解雇するべきではないかと思います。

でも、清原と言えば、野球の知らない私でも知っています。

その辺のネームバリューが、解雇にならない理由ではないでしょうか?

ところで、今は、時代も変わったようです。

スポーツ選手は、他のことも求められるようです。

見た目や、パフォーマンスなど、スポーツ以外の事も人気の要素になるようです。

歌手も同じで、今は、ダンスと称して、のた打ち回る事も必要になってきたようです。

で、どうよ?

人間、一つのことをマスターするのに時間が掛かります。

それは、天才と言われている人も同じだと思います。

歌手の場合で言えば、歌も、ダンスも両方となると、かなりの練習が必要だと思います。

私が見る限り、どちらも中途半端に見えるのですが・・・

その結果、音楽業界は、レベルが下がったように思います。

また、野球も、以前に比べて人気がなくなったようです。

理由は、いろいろあるようです。

しかし、面白くなくなったが本当の理由ではないでしょうか?

プロ野球は、実力の世界だと思います。

でも、たまに、納得が行かない事もあります。

たとえは、今回のように、あの人が解雇になるのに、あの人はって感じで・・・

その辺の不透明な状態が、野球を面白くなくしているのではないでしょうか?

オリックスのラロッカ、右ひじ手術で今季絶望=球団は解雇も検討-プロ野球

オリックスは1日、右ひじを痛めて帰国していたグレッグ・ラロッカ内野手(35)が、5月28日に米国の病院で右ひじ側副靱帯(じんたい)の再建手術を受けたと発表した。全治8カ月ほどの見込みで、今季中の復帰は絶望的。球団は解雇も含めて今後の対応を検討する。
右ひじ痛を訴えていたラロッカは、5月5日に出場選手登録を抹消された。中村勝広球団本部長は「野球選手にしては、重度の手術。すぐにというわけではないが、それ(契約解除)も含めて検討したい」と話した。
ラロッカは今季26試合に出場し、打率1割6分9厘、1本塁打、9打点。

オリックスのラロッカ、右ひじ手術で今季絶望=球団は解雇も検討-プロ野球(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク