いいデザインなんだが!<JAL>「鶴丸」ラストフライト 半世紀の歴史に幕

日本航空(JAL)の、シンボルマークだった「鶴丸」がなくなるようです。

なんで?

日本エアシステムとの経営統合で登場した、太陽をモチーフにした新マークに、すべて代わるからだそうです。

その前に、鶴丸のマークが、?の人はいないと思います。

しかし、あらためてよく見たことはないと思います。

最後を惜しんで、鑑賞してみましょう。

その画像です。

鶴丸

「す、すまん、もっと大きな画像を探したが見つかりませんでした」

その代わり、”鶴丸の歩み”ってのを見つけたので、これで勘弁してよ。

JAL – さよなら「鶴丸」

ところで、このデザインですが、とてもおしゃれだと思います。

それがなくなるのが、とても残念です。

もう、このようなデザインが出ることはないのではないでしょうか?

どうも、デザインにも流行があるようです。

たとえば、キャラクターです。

いま、ゆるキャラなどと言われて、いろいろなキャラクターがデザインされているようです。

しかし、どれも共通点があります。

それは、顔です。

どれも、目と口をちょんちょんとしたデザインです。

まるで、スマイルマークのような顔です。

たぶん、シンプルにした方が、誰からも批判されないからでしょう。

また、企業のマークも、シンプルなものに変化しているように見えます。

さて、こんなすばらしい、鶴丸のデザインを押しのけた、次なるデザインはどんなものなのでしょうか?

実は、私も見たことがありません。

只今から、探すところです。

「もしかして、これ?」

あまり自信がありませんが・・・

新ロゴ
新ロゴ(写真)は「JAL」の黒文字に太陽をあらわす赤と銀のアークを、そして新しい機体デザインには垂直尾翼に日の丸のイメージをあしらっています。
日航&JASの太陽をイメージした新マーク – [世界のエアライン]All About

想像していた物とは、かなり違うので、これであっているのか自信ありません。

これって、デザインしたと言えるの?

普通に、ゴシック体で、JALって書いてあるだけじゃん。

そこに、

「あっ!ごめん、赤インク付いちゃった」

って感じに見えるのですが・・・

ま~、これも時代の流れですか?

でも、鶴丸が無くなるのはとても残念です。

<JAL>「鶴丸」ラストフライト 半世紀の歴史に幕

半世紀にわたり日本航空(JAL)のシンボルマークだった「鶴丸」が31日、姿を消した。翼を円形に広げた優雅な赤い鶴を垂直尾翼にあしらったボーイング777が羽田-伊丹間を往復し、飛び慣れた大空に別れを告げた。

「スピード感と日本の伝統」をコンセプトにデザインされた「鶴丸」は1959年のデビュー以来、世界を駆け回る日本人の心のよりどころだった。羽田-伊丹間の往復前に福岡から羽田に向けて飛んだ777に乗り込んだ横浜市港南区の主婦、斉藤礼子さん(64)は「日本のイメージをよく表しているすてきなマークだった。なくなるのは寂しい」と感慨深げに話した。

1日からは日本エアシステムとの経営統合(02年)で登場した、太陽をモチーフにした新マークにすべて置き換えられる。

<JAL>「鶴丸」ラストフライト 半世紀の歴史に幕(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク