あれは、どうなんだ?日本へ鯨肉輸出再開=ノルウェーとアイスランド

ノルウェーとアイスランドは、商業捕鯨を実施しているようです。

その、ノルウェーとアイスランドが、約20年ぶりに日本への鯨肉輸出を再開することが明らかになったみたいです。

でも、日本の水産庁は知らないみたいです。

ど~なってんのやら?

ところで、商業捕鯨と聞いて思い出すのが、シーシェパードではないでしょうか?

日本の船に、なんや、あやしい物を投げ入れて妨害していたようです。

シーシェパードは、ノルウェーとアイスランドには、何もしないのでしょうか?

テレビで言っていましたが、シーシェパードは、日本だから妨害するようです。

もし、他の国の船の妨害をすれば、妨害された船は攻撃するようです。

でも、日本の場合は、何もしないことがわかっているので、妨害するようです。

つまり、日本はなめられているって事みたいです。

ところで、シーシェパードってなに?

改めて、ちょこっと調べてみました。

シーシェパード (Sea Shepherd Conservation Society) は、海の自然、環境保護のための警備を主張する非営利環境団体である。国連世界自然憲章を根拠として活動していると主張し、違法行為と思われる行為を含む捕鯨阻止行動などを行っている。アメリカ合衆国ワシントンのフライデー港に本部を置く。

船に爆薬を仕掛け、沈没させるなど非合法活動も辞さないため、テロリストと呼ばれる事も多い。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

思っていたより、かなり悪質のようです。

このままなら、いずれ死者が出てもおかしくないような気がします。

いったい、その時、日本政府はどのような対応をするのでしょうか?

また、うやむやかな?

何とかならんのか、この国は・・・

日本へ鯨肉輸出再開=ノルウェーとアイスランド

商業捕鯨を実施しているノルウェーとアイスランドが、約20年ぶりに日本への鯨肉輸出を再開したことが明らかになった。ノルウェー漁業省などが3日、確認した。ただ日本の水産庁は「一方的な知らせで面食らっている。事実確認はしていない」としており、実際に市場に出回るかどうかは不透明な情勢だ。

日本へ鯨肉輸出再開=ノルウェーとアイスランド(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク