日本では不要な知識!米西海岸に「マリファナ大学」、栽培・販売・警察への対応など学ぶ

米カリフォルニア州オークランド(Oakland)には、マリファナ(大麻)について教える、私立大学があるそうです。

授業では、マリファナ(大麻)の栽培から収穫、料理の仕方、そして販売の仕方について教えてくれるようです。

また、警官にとめられた際にどのように対応するかのロールプレイもあるようです。

警察の名前が出てくると、なんかヤバそうな感じがします。

でも、現在、医療用マリファナの使用を法律で認めている州は、全米で12あるそうなので、ちゃんとした授業のようです。

いろいろとアメリカを真似する日本ですが、さすがにこれは日本で取り入れられる事はないでしょう。

そんな事をすれば、警察が来て、完備の行き届いた、鉄格子入りの施設にお送りされるツアーが無いとも限りません。

ところで、日本の大学と言えば、少子化でいろいろと大変なようです。

さすがに、マリファナとは言いませんが、特色のある大学が出てくるかもしれません。

でも考えてみると、日本には、専門学校ってのがあります。

そういえば、私も、専門学校に行きました。

私の場合は、簿記の専門学校に行きました。

そして、仕事で簿記を生かすために、経理の仕事をしたこともあります。

で、簿記の勉強が役に立ったかと言えば・・・

机の上でする勉強と、実際はかなり違います。

私のようなペーペーの仕事の場合、簿記の知識がなくても、経理の仕事は出来ます。

考えてみれば、今の勉強って、実社会には役にたたないものばかりのような気がします。

それに対して、今回のマリファナ大学は、警察への対応まで教えてくれるので、実社会にに即した勉強ではないでしょうか?

私は、学校を卒業して、実社会に出て十数年経ちます。

ふと、学生時代を思い出します。

[ad]

なんで、役に立たない勉強の為に、一生懸命になるのだろうと思います。

それを皆が分かっているのに・・・

米西海岸に「マリファナ大学」、栽培・販売・警察への対応など学ぶ

米カリフォルニア州オークランド(Oakland)には、マリファナ(大麻)の栽培から収穫、料理の仕方、そして販売の仕方について教える私立大学がある。

オークスターダム大学(Oaksterdam University)で教えられているこの授業は、消費者にマリファナの長所を知ってもらい、修了生がカリフォルニア州内に(マリファナを売る)薬局を構えることを目標にしているという。だが、州法はマリファナの所持を禁止している。

同大は前年11月に開校し、最近になってロサンゼルス(Los Angeles)キャンパスで授業が開始された。授業は、オランダのアムステルダム(Amsterdam)の大学で教えられている内容を参考にしている。

■警察の職務質問への対応も学ぶ

ある日、オークランドの繁華街にある薬局を改装した建物に、学生たちが集まってきた。「マリファナの政治学と園芸学」の授業がこれから始まるのだ。

ポニーテールの若者、タトゥーを入れた若者たちが、白髪交じりの女性たちに混じり、ドラッグの歴史に関する講義を聞きながらノートをとる。

次に学生たちは、警官にとめられた際にどのように対応するかのロールプレイを行い、続いて、pHバランス、マリファナの乾燥、マリファナを使った治療、マリファナのにおいをどうやって消すかを学ぶ。

週末2日間の集中講義が終わると試験が行われ、これにパスすると修了証がもらえる。これがあると、マリファナを販売する薬局への就職が有利になるそうだ。

同大の卒業生はこれまでに200人、在校生は500人以上にのぼるという。

■マリファナは医療面で大活躍

在校生の1人、56歳のクリスティーさんは、フリーランスのウェブプロデューサーだ。マリファナに関する法令について知識を深めたいと思い、入学した。法令は実際、ころころ変わっている。麻薬取締局(Drug Enforcement Administration、DEA)は前年末、マリファナを扱う薬局に対し閉店通告を出した。これに従わない場合は罰金刑に処するという内容だった。

クリスティーさんは、数年前にうつ病と診断されて以来、抗うつ剤プロザック(Prozac)を服用している。だが、躁(そう)になったり吐き気がしたりと副作用がひどく、見かねた息子がマリファナをすすめた。すると、すっかり気分が良くなったという。

クリスティーさんはそれ以来、抗うつ剤の服用をやめた。おかげで良く眠れるようになるなど、生活が格段に向上したという。

オークスターダム大学側は、マリファナはがん、多発性硬化症、エイズなどの消耗性疾患の痛みを軽減する効果があると主張する。また、マリファナを合法化するとマリファナの多岐にわたる使用が可能になり、カリフォルニア州の税収入も大幅に増えると言う。

同州は1996年、医療用マリファナの使用を認める法律を制定。この法律は近年、医療目的でのマリファナの栽培、供給および販売にまで拡大されている。

その一方で、DEAはマリファナを扱う薬局の差し押さえを継続し、2006年にはサンディエゴ(San Diego)郡が同州に対し、医療用マリファナの使用を認める法律を撤回するよう求める裁判を起こした。

そんなDEAが、オークスターダム大学を歓迎するはずはない。「国を挙げてドラッグ撲滅運動に取り組む中、大学は誤ったメッセージを送り、犯罪をも助長している」とDEAはコメントしている。

現在、医療用マリファナの使用を法律で認めている州は全米で12ある。

米西海岸に「マリファナ大学」、栽培・販売・警察への対応など学ぶ 国際ニュース : AFPBB News

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク