利用されなければ良いのだが!水着新素材提供の山本化学工業が悲鳴 – 北京オリンピック 競泳

今、水泳界では、水着の事が話題のようです。

そんな中、アシックスとデサントの2社の五輪用水着に素材が採用された、山本化学工業が“窮状”を訴えているようです。

訴えの内容ですが、

(1)2社に意見や提案を聞いてもらえない
(2)素材を全身に使用した水着(ニュージーランド製)を試してほしいが、どの選手が試着を希望しているか情報がもらえない

だそうです。

(1)に関しては、日本にメダルを取ってほしいので、「協力すればいいのに」って思います。

そもそも、今回の騒動は、スピード社製の水着を着た選手が、世界新記録を続出した事に始まります。

今では、水泳は、選手より水着の方が話題になっているようにさえ感じます。

今回、悲鳴をあげている会社は、世界記録続出のスピード社製水着の素材より、水の抵抗が少ないという新素材を開発した会社のようです。

これは、更なる記録更新の期待が持てそうです。

これで、メダルラッシュかも?

ま~、水着だけで、メダルとは行かないのが現実でしょう。

ところで、山本化学工業ってどんな会社?

ちょこっと調べてみました。

まずホームページです。

山本化学工業株式会社

たぶん、これではないでしょうか?(間違ってたら、ごめん)

いろいろなニュースの記事を見たのですが、この会社のリンクがありませんでした。

そこで、記事の中の、”大阪”、”社長の名前”、”そこに写っている社長の顔”で判断して、「これ?」って感じです。

会社のホームページでは、あまり詳しい事は分からないので、他を探す事にしました。

山本化学工業株式会社(やまもとかがくこうぎょう)は、大阪府大阪市に本社を置くウェットスーツ素材、医療素材などの複合特殊ゴム製品を製造する企業である。

ウェットスーツ素材では世界随一のシェアを誇り、特にトライアスロン市場でのシェアは90%を超える。また同社の開発製品「バイオラバー」はGAORAやMBSラジオで盛んにCMが放映されている。「すごいアイツがやってきた!」のキャッチフレーズで有名。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私は、大阪に住んでいますが、この会社についてはまったく知りません。

また、上の説明によると、CMをやっているようです。

でも、ラジオを聞かないので、CMも知りませんでした。

”トライアスロン市場でのシェアは90%を超える”となっているので、かなりの技術を持っていると思います。

さて、この会社の概要を見てみました。

すると、従業員が60名となっています。
山本化学工業株式会社

これだけの技術を持っているわりに、従業員が少ないと思います。

つまり、それほど大きな会社ではないのでは?と想像できます。

今回は、そんな会社が、世界でも有名な会社に対しての訴えです。

今の時代、大きな会社とはいえ、弱肉強食です。

利用されなければ良いのですが・・・

たとえば、この会社の商品を真似て、新商品って事はないでしょうか?

つまり、パクるってことです。

それはないだろう!って思うかもしれません。

でも、今では有名な、ナイキも会社設立に当たって、それなりの事があるようです。

今回は、ナイキのことではないので、詳しく書きません。

でも、気になると思うので・・・

ナイキは、元々はオニヅカタイガー(現在のアシックス)の米国販売代理店だったようです。

そして、オニヅカタイガーを訴え、そのお金でナイキの元となる会社を創ったようです。

これに関して詳しい事は、以前調べたのですが・・・

このブログでも書いたような、そうでないような・・・

よく覚えていません。

私達は、会社を、CMのイメージだけで判断しがちです。

でも、実際はどうかわかりませんよ・・・

水着新素材提供の山本化学工業が悲鳴

アシックスとデサントの2社の五輪用水着に素材が採用された山本化学工業が“窮状”を訴えた。山本富造社長(49)が3日、報道各社に直筆のファクスを送付。(1)2社に意見や提案を聞いてもらえない(2)素材を全身に使用した水着(ニュージーランド製)を試してほしいが、どの選手が試着を希望しているか情報がもらえない-と打ち明けた。

同社は好記録連発の英スピード社製より水の抵抗が少ないという新素材を開発して、日本水連から改善を要求された国内メーカー3社に提供、うち2社が5月30日に採用を発表した。だが、採用後に2社へ協力を申し出ると、デ社は「情報を開示する約束はしていない」と断り、ア社は無回答だったという。

山本社長は「私ども中小企業では選手に声が届かない。(ニュージーランド製水着の)試着を希望する代表選手は電話やメールでご一報を」と訴えていた。

水着新素材提供の山本化学工業が悲鳴 – 北京オリンピック 競泳 : nikkansports.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク