それが原因?漫画原稿紛失で小学館提訴=作者が330万円請求-東京地裁

「金色のガッシュ!!」の作者の雷句誠さんが、原稿を紛失したとして、小学館を訴えたようです。

慰謝料を含め、330万円を求めているようです。

なんか、330万円って、金額的に安いような~

これに関しては、本人のブログに詳しく書いてありました。

こちらです。

(株)小学館を提訴。 雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログ

これを読む限りは、原稿の紛失より、他に原因があるようです。

労働条件の改善ってとこでしょうか?

そういえば、私の子供の頃、漫画家ブームみたいなのがありました。

将来の希望の職種が、漫画家って感じです。

私も、その一人です。

今では、その夢も消え、今日を過ごしています。

今回の、雷句誠さんのブログには、漫画家の現状が詳しく書かれています。

これを読んで、漫画家を目指さなくて良かったと、つくづく思います。

一番驚いたのが、原稿料です。

白黒原稿は1ページ13,000円って、安いな~

もっと高いと思っていました。

ところで、今回の漫画の「金色のガッシュ!!」ですが、私は知りません。

しかし、名前は聞いたことがあります。

私も、昔ほど漫画を読まなくなりました。

それでも、名前は知っているので、そこそこのヒット作だと思います。

それで、この原稿料なので、かなりの驚きです。

さて、雷句誠さんのブログを読み進めると、編集者や担当者に対する不満がかなりあるようです。

雷句誠さんは、漫画が好きで、一生懸命やっているのが伺えます。

それに対して、編集者や担当者のやる気のなさに対して怒っているようです。

でも、これって仕方ないかもしれません。

私が学生の頃、社会に出れば厳しいと聞いていました。

いざ、その社会に出て思う事は、

「なんて、世の中いいかげんなんだ~」

って思います。

いかに手を抜くか、これにかなり戸惑いました。

なぜ、このようなことになるのでしょうか?

なぜなら、世間の人は、いやいや仕事をしているからです。

逆に、私は、好きなとこばかりしてきました。

だから、仕事は、一生懸命やります。

すると、周りのやる気ない人に腹が立ちます。

そうして、私は、仕事を辞めます。

おかげで、履歴書に書ききれないくらい転職をしました。

その結果、給料は安いです。

でも、1日をいやいや過ごすよりはいいです。

今回の、雷句誠さんのとった行動により、漫画家全体の待遇改善のきっかけにはなるかもしれません。

しかし、本人にとっては、あまりプラスにはならないと思います。

使うほうの会社からとっては、面倒な人と思われるからです。

ま~、漫画は実力の社会でもあります。

これからもがんばってほしいと思います。

漫画原稿紛失で小学館提訴=作者が330万円請求-東京地裁

コミック雑誌「週刊少年サンデー」で連載された漫画「金色のガッシュ!!」の単行本用原稿を紛失したとして、作者の雷句誠(本名河田誠)さん(33)が6日、発行元の小学館に慰謝料など330万円を求める訴えを東京地裁に起こした。
訴状によると、なくなった原稿はカラーで描かれた5枚。単行本化に伴い、同社へ貸し出していたが、2月末になって紛失が判明した。
代理人弁護士によると、撮影したフィルムが保存されており再現可能だが、紛失したのは手書きの原稿で、美術品としての財産的価値があると主張している。

漫画原稿紛失で小学館提訴=作者が330万円請求-東京地裁(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク