おめでとう!オセロ松嶋尚美が結婚を報告「これからは何があっても“無敵”です」

オセロの松嶋尚美が、所属事務所を通じて結婚を報告したそうです。

ま~、おめでとう・・・・

その程度の感想です。

以前は、松嶋尚美が好きでした。

だから、松嶋尚美が出ている番組の『きらきらアフロ』を、毎週楽しみに見ていました。

しかし、はっきりした理由はありませんが、ぱったりと見なくなりました。

正直なところ、今はあまり好きではありません。

この元記事には、感想が書けるようになっていました。

その感想を見ると、大体の人は松嶋尚美の結婚を祝福しているようです。

このようなニュースの場合は、歓迎しない意見も少なからずあります。

しかし、今回の松嶋尚美の結婚の場合は、極端に歓迎しない意見が多いように思います。

理由としては、彼女の発言などが関係しているようです。

私が、松嶋尚美のことに対して興味がなくなったのもその辺が理由かもしれません。

私は、お笑いが好きだったので、お笑い関係の番組を良く見ていました。

その中に、今回の松嶋尚美も、ちょくちょく出ていました。

その頃は、今ほど有名ではありませんでした。

芸は、あまり面白いと思いませんでしたが、他の芸人とは違っていたような感じはしました。

だから、いずれは売れるだろうと思っていました。

気が付くと、テレビで松嶋尚美を見る機会が多くなっていました。

あまり売れていない頃から知っているので、つい応援したくなって見ていました。

また、天然ボケみたいなところも好きでした。

しかし、それが、だんだんうっとうしく感じてきました。

ところで、私もいい年です。

ふと、自分の昔を思い出します。

思い出したところで、ろくな事はありません。

正直なところ、恥ずかしい事ばかりです。

昔、上司に注意された事があります。

「仕事は問題ない、しかし、服装と言葉使いを直しなさい」

このようなことを言われました。

今思い出すと、赤面してしまいますが、あの頃は

「何言ってんだ~、こいつ~」

このように、腹の中では考えていました。

又、今では、ファッションとして当たり前になった、ズボンをずらしてはくスタイルです。

過去に自分もしていたのに、かっこ悪く見えるようになりました。

たぶん、今回の松嶋尚美の言動を見ると、そんな過去の自分を思い出すのかも知れません。

少しは、私も成長したのでしょうか?

その証拠に、本音と建前も少しは理解できるようになりました。

最後に・・・

松嶋尚美さん、ご結婚おめでとうございます。

オセロ松嶋尚美が結婚を報告「これからは何があっても“無敵”です」

人気女性お笑いコンビ・オセロの松嶋尚美が15日(日)、所属事務所を通じて結婚を報告した。松嶋とヒサダトシヒロの連名で「これからは何があっても “無敵”です。彼の才能にメロメロです。いつも笑っている家庭にします」(松嶋)「生きていく勇気と喜びを与えてくれた人を力の限り大切にします」(ヒサダ)と直筆のFAXでコメントしている。

結婚を発表したオセロ・松嶋尚美とロックバンドのマーサス・サウンド・マシーンのボーカル・ヒサダトシヒロの直筆FAX
結婚を発表したオセロ・松嶋尚美とロックバンドのマーサス・サウンド・マシーンのボーカル・ヒサダトシヒロの直筆FAX

松嶋は、16日(月)にテレビ東京系6局ネット番組『きらきらアフロ』(深夜0時12分~)の生放送で結婚についてファンに報告し、その後、記者会見も行われる予定。この日のFAXでの2人のコメントは以下の通り(全文掲載)。

松嶋「この度、わたくしオセロ松嶋尚美は、マーサス・サウンド・マシーンのヒサダトシヒロさんと結婚することになりました。どんな時でも味方で、一番近くで支えてくれます。これからは何があっても“無敵”です。彼の才能にメロメロです。いつも笑っている家庭にします。“笑う門には福来る!”」

ヒサダ「生きていく勇気と喜びを与えてくれた人を力の限り大切にします」

もともと10年来の友人という2人は、今や売れっ子タレントとなった松嶋が上京する前からお互いに支えあってきた仲。松嶋がロックバンド・キラーズ(現在は解散)を結成した際に相談をもちかけたことから関係が深まった。昨年5月に交際の事実を写真誌にスクープされるも友人関係を強調していたが、14日(土)発売の一部夕刊紙で結婚が報じられ、15日(日)に正式にFAXで報告した。

オセロ松嶋尚美が結婚を報告「これからは何があっても“無敵”です」(オリコン) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク