どれ?母親に拒絶されたレッサーパンダの赤ちゃん、ネコに育てられる

アムステルダムの動物園で、母親に育児を放棄されたレッサーパンダの赤ちゃんが、ネコに育てられているそうです。

この記事についていた画像です。

レッサーパンダの赤ちゃんが家ネコに育てられている

どこに、レッサーパンダの赤ちゃんが?

よ~く見ないと分かりません。

猫と同じような色なので、猫の柄のようにも見えます。

感想ですが、

なんか、思っていたのと違うな~

レッサーパンダなんて名前だから、白黒のパンダを想像してしまいました。

そこで、レッサーパンダについて、ちょこっと調べてみました。

レッサーパンダ

レッサーパンダ(lesser panda)は、中国南部からヒマラヤにかけて棲息する哺乳類の一種である。ネコ目(食肉目)レッサーパンダ科に属する。亜種としてネパールレッサーパンダ(ニシレッサーパンダ) Ailurus fulgens fulgens とシセンレッサーパンダ Ailurus fulgens styani の2種があり、日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダである。中国では小熊猫(繁体字:小熊貓)と呼ばれる。英語ではレッドパンダ(red panda)と呼ばれることが多い。また、かつてイタチグマと呼ばれていたことがあった。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

な~んだ、レッサーパンダって、こいつの事か~

一時期、テレビで2本足で立つ動物って事で、頻繁に見た覚えがあります。

ところで、私は猫が好きです。

猫を見ると触りたくなります。

でも、いつも逃げられます。

猫は臆病なので、大抵は逃げます。

ちなみに私が言う猫とは、ノラ猫の事です。

近寄ればすぐに逃げる猫ですが、それでも人間には向かってくる事があります。

それは、子猫を守る親猫です。

この場合だけは、普段の猫とは違います。

人間に比べて、かなり小さい動物ですが、その迫力はライオンなどの猛獣を思わせます。

子を守る親は強しって感じですか?

あるとき、子猫を見つけました。

近寄ると逃げると思ったのですが、まだ人間を恐れないようです。

そこで、子猫に手を伸ばしました。

なんと、捕まえる事が出来ました。

いつもは逃げられるのに、予想に反して捕まえる事が出来た私も、どうして良いかわかりません。

普段、こんなに近くで猫を見ることがないので、まじまじと子猫を見ていました。

う~ん、かわいい~~

すると、背後から強い視線を感じます。

後ろを振り返ると、親猫らしい猫が心配そうに見ていました。

私は、無言の訴えに負けて、子猫を放しました。

考え方によっては、人間より子供思いかも知れません。

そんな猫にも、親離れの時があります。

過去に一度、親離れの瞬間を見たことがあります。

親猫の後に続いて、子猫が・・・

ほほえましい風景です。

しかし、急に親猫が後ろを振り返り、子猫に向かって威嚇します。

子猫は、さっきまでやさしかったのに?って感じで驚いています。

それでも、子猫は親猫に近寄ろうとしました。

再び、親猫は、フーーーーと威嚇します。

子猫は、あまりにも突然の変貌に、その場に立ちすくんでしまいました。

その間に、親猫は立ち去ってしまいました。

それ以後、子猫は、親猫に近寄りませんでした。

まさに、親離れの瞬間です。

これに引き換え人間は、子離れが出来ない親が沢山いるようです。

少しは、猫に教わる必要があるかも知れませんね。

母親に拒絶されたレッサーパンダの赤ちゃん、ネコに育てられる

アムステルダムの動物園で、母親に育児を放棄されたレッサーパンダの赤ちゃんが家ネコに育てられている。動物園が発表した。

赤ちゃんは6月30日に生まれたが、生後間もなく母親に拒絶された。現在、子猫ほどの大きさで、ネコは自分の4匹の子と一緒に面倒を見ているという。

母親に拒絶されたレッサーパンダの赤ちゃん、ネコに育てられる | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク