仕事に私情を持ち込むな!あんた、そっくりそのままお返しするよ

私は、転職を繰り返しています。

その数は、両手両足の指を足してもたりないくらいです。

ほとんどが、小さな会社ばかりです。

小さな会社なので、夫婦でやっているところが多いです。

今回も、あることがありました。

でも、それはちょっと置いておいて、過去の別の会社での話です。

夫婦で仕事をしているとは言え、普段は仕事モードです。

お互いの事を、社長などの役名で呼び合っています。

でも、意見の食い違いは起こります。

夫婦なので、遠慮など無く、言いたい事を言っています。

それが、仕事の事なので、活気があるようにも見えます。

しかし、それが家庭の事になると・・・

夫婦喧嘩になると、たまりません。

そういえば、

「仕事とプライベートは分け、私情は仕事に持ち込むな」

その様なことを、言われたような・・・

だいたい、このような説教は、奥さんからされます。

「あんた、その言葉そっくりそのままかえすよ」

あるとき、会社に行くとドアが閉まっていました。

別に早く会社についたわけでは訳ではありません。

いつもどおりの時間です。

たまには、遅れることもあるだろ~

そのまま待ちました。

何もせず、待つのって辛いです。

また、時間もゆっくリ流れるように感じます。

おい、まだか~

ふと、時計を見ると、1時間も過ぎていました。

1時間も待ったので、帰ろうかとさえ思いました。

普通なら、そこで帰るでしょう。

しかし、私は、さらに待ちました。

なぜなら、私は携帯電話を持っていないからです。

もし、携帯電話を持っていたら、何かの連絡が入ったでしょう。

たぶん、何かの緊急事態でしょう。

さらに待っていると、社長が会社に来て、鍵を開けました。

聞いてみると、社長の奥さんがどこかに行ったようです。

喧嘩して、家を飛び出し、連絡が取れないようです。

それを聞いて、

「なんて、自分には甘く、人には厳しいのだ~」

って思います。

ま~、人間なんてこんなものです。

ところで、こんな人は、自分の言いたい事を言います。

かなりムカつきます。

私のような、雇われ者は我慢するしかありません。

しかし、その様な人から言わせれば、自分の言いたい事を言えば~って感じです。

でも、そんなことは出来ないのは、サラリーマンなら常識です。

もし、自分の言いたい事を言えば、

「やめてもらっても結構です」

その様に、言われるのをわかっています。

普通の人は、家庭があるので、そこでぐっと我慢します。

しかし、私は、背負うものがありません。

でも、そこでは、ぐっと我慢します。

そして、ひそかに後片付けをします。

次の人に引き継ぐ準備をします。

会社に持ってきた私物などは、その間に持ち帰ります。

さ~、準備完了。

改めて、言いたい事を爆発させて、会社をやめます。

私は、一度決めたら、めったな事では変更しません。

まったく迷いなどありません。

そのまま我慢すればいいのかもしれません。

しかし、一度言いたい事を言わせれば、エスカレートします。

それが、納得行くものなら、私も考えます。

場合によったら、明らかに八つ当たりってのもあります。

自分の人生は、自分のもの。

人生は一度きっり

これが、転職を繰り返す理由かも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク