うるさいだけ?酒場で大音量で流れる音楽、客の酒を進ませる効果=仏調査

ある調査によると、バーで大音量で流す音楽には、客により早く酒を飲ませる効果があるそうです。

もし、あなたがバーを経営しているとしたら、今日から音楽の音量を上げますか?

ところで、人間が、都会や交差点のうるさいところで話が出来るのは、脳が余分な音を騒音として削除しているからのようです。

なんてすばらしい機能なのでしょうか。

でも、日本人が英語を聞き取れないのは、この機能が関係しているってのも聞いたような・・・

日本語と英語では、基本的に音が違います。

よく似た音もありますが、それは似ているだけで別物です。

だから、脳みそが、英語を雑音として削除するようです。

もし、子供の頃に、英語に触れさせると脳みそが、英語を言語として受け入れるようです。

その様な、実験結果から、小学校からの英語教育なんてのがあるようですが・・・

ま~、これは他の機会にと言う事で。

で、話を今回の研究結果に戻します。

私は、普段、あまり人のいるようなところに行きません。

どちらかと言えば、静かなところを好みます。

この間、数年ぶりに、いとこに会いました。

私の家に、いとこが訪れて来たのですが、部屋が狭いので、近くの喫茶店に行く事にしました。

休日だと言う事もあり、かなり混んでいました。

そのため、騒がしかったです。

いとこと話をいていたのですが、周りがうるさくて、話がよく聞こえませんでした。

逆に、いとこは普通に私の話が聞こえているようです。

脳みそは、使わなければ退化します。

どうも、私の脳みそは、ノイズを除去する機能が劣っているようです。

じゃあ、英語が聞き取れるのかと言うと、その様には上手くいきません。

そして、私は我慢できなくなり、他の静かな店に行く事にしました。

もし、今回の調査のように、大音量の店に私が行ったとしたら、飲むスピードはアップすると思います。

しかし、次を注文するかというと違います。

そのまま店を出るでしょう。

ま~、売上の事を考えなければ、確かに研究結果は正しいかも?

でも、私の場合、そんなに大音量の店なら、入り口の時点で

うるせーーーー

って事で、店に入らないかもしれませんね。

酒場で大音量で流れる音楽、客の酒を進ませる効果=仏調査

 フランスの研究チームが18日、バーで大音量で流される音楽は、客により早く酒を飲ませる効果があるという調査結果を発表した。

 フランスの南ブルターニュ大の行動科学者ニコラ・ゲゲン氏が率いる同チームでは、土曜の夜に2カ所のバーで、18─25歳のビールを飲む男性40人の行動を観察する方法で調査を実施。それによると、人々がグラス1杯のビールを飲み干す時間は、音楽の音量を上げたところ約3分短縮されたという。

 この調査結果は、専門誌「アルコール依存症:臨床的および実験的研究」上で発表された。

酒場で大音量で流れる音楽、客の酒を進ませる効果=仏調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク