足の裏に魚の目が・・・どうしようかな?

私の部屋は、純和風です。

友達に言わせれば、ただボロいだけ・・・

でも、この古さが気に入っています。

決して、負け惜しみではありません。

断じて・・・

もし、給料が今の3倍だったら・・・

2倍ではなく、3倍って所に注目~

つまり、それほど私の給料が少ないって事です。

で、給料が3倍になったら、どうするか?

もちろん、とっとと引越しします。

やっぱり、ボロいって事なんだ・・・

そんな部屋なので、おしゃれなインテリアは合いません。

ケーキとすしぐらい合いません。

深い意味はありませんが、昼時なので、食べたいものを考えたら思いつきました。

う~ん、この表現って、よけいわからないかも。

そんなお部屋なので、インテリアも気を使います。

えっ!全体のバランスを考えるのか?って

違うよ~

インテリアの値段だよ~

だって、そんな部屋に、いい物を置いたって無駄じゃん。

そこで買ってきたのが、丸い机です。

見ようによっては、ちゃぶ台に見えます。

でも、狭い部屋では、丸い机っておすすめかもしれません。

実は、以前は、四角い机を使っていました。

狭い部屋なので、荷物の関係から、無理な体勢での移動を強いられる事があります。

そんな時、四角い机だと、角に足をぶつけます。

ところで、私は、ちゃぶ台のような机に、ノートパソコンを置いてブログを更新しています。

今、あぐらをかいて座っています。

私は、どちらかと言えば、正座のほうが好きです。

なぜか、あぐらをかくと、足がしびれます。

私の足まで、変わり者みたいです。

でも、なぜかあぐらをかいてしまいました。

何気に下を見ると、足の裏が見えます。

よ~くみると、魚の目が出来ています。

指でつついてみると、グリグリと塊のようです。

確か、魚の目って痛かったような・・・

でも、今は痛くありません。

そもそも、魚の目って何?

ちょこっと調べてみました。

鶏眼(けいがん)とは皮膚の角質層の異常である。別名を魚の目(うおのめ)とも言う。特に足の裏の表皮の角質層が真皮内に向かって肥厚増殖する現象で、白色または黄白色の円形状をなす事が多い。刺激すると痛みを覚える。表皮の部分的切除では完治せず、刺激により拡大増殖を助長することもある。よって、皮膚科の医師による治療が好ましい。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インターネットって便利ですよね~

魚の目の治療に関するサイトが、ズラズラと・・・

うえから順番に見てみるか~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク