あなたはエスパー?なぜ私には聞かないの!

私の晩御飯は、いつもご飯だけ炊いて、お惣菜を買います。

そのお惣菜を買う店は、いつも同じです。

なぜ?

いや~、おいしいから♪

って訳ではありません。

ま~、まずいって事もありません。

ふつうですかね~

もしかして、そこしか店が無いとか?

いえ、他にもあります。

それなのに、その店を選ぶ理由の発表です。

答えを引っ張ったわりに、たいしたことはありません。

だだ、安いからです。

いつも安いのではなく、夜の8時半になると、半額になります。

半額~

実にいい響きですね~

タダ(無料)の次に、心引かれる言葉です。

さて、私の住んでいるところですが、どちらかと言えば貧乏なところです。

そのため、柄の悪そうな人が結構います。

また、おっさんのようなおばはんもいます。

この、おっさんおばはんですが、声がでかい。

「昨日は、早く寝たので早く起きた~」

と、近所のおっさんと大声で、朝っぱらから話をします。

とても迷惑です。

その様な地域なので、半額の店となると、沢山の人が並びます。

知らない人が見ると、とてもおいしい店なの?って思うぐらい並びます。

だから、私は、いつも8時25分に家に出て、その店に行きます。

家からその店までは近いので、その時間に出ると、ちょうど半額セールの時間になります。

ちょうどいい時間ですが、すでに沢山の人が商品を持って並んでいます。

私は、適当に商品を見つけると、その長い列の最後尾に並びます。

さて、最近はエコなんて言葉が当たり前になりました。

ある有名な食べ物屋のチェーン店では、割り箸から洗って使えるつかえるおはしに変えたぐらいです。

そのため、スーパーなどで買い物をすると、買い物袋が必要か聞かれます。

また、今回の半額セールの店では、割り箸が必要か聞かれます。

私は、親から「もらえるものはもらっておけ」と言う教育をされたので、割り箸を必ずもらいます。

この教育ですが、今の時代にはそぐわないかも知れません。

なぜなら、もらったものを捨てる場合に、別料金がいる場合があるからです。

で、私は自分の会計の順番が来るのを待っていました。

さ~、次は私の番です。

前の人の商品を、会計をする人が袋に詰めいています。

そして、

「割り箸は要りますか?」

まるで、マニュアルがあるかのごとく聞かれています。

そうする内に、私の番です。

バーコードで商品を読み込み、料金が伝えられます。

そのまま、言われるままお金を払います。

私の財布は小銭ばかりです。

そのため、いつも重いです。

少しでも軽くしようと、ちょうどの金額を払いました。

小銭ばかりですが、50円玉ってのがなかなか見つかりません。

そうしてお金を出した時には、レジの人は商品を袋に詰め終わっていました。

後は、持って帰るだけです。

ふと、あることを思い出しました。

そういえば、お箸の事を聞かれていない・・・

改めて言おうかと思いました。

でも、私の後ろには会計を待っている人が沢山います。

そんな事で、もたもたしていると、早くしろと言う無言の視線が私の背中を襲います。

私には、それを跳ね返す力なんてありません。

ちょっと損した気分で店を出ました。

あ~あっ

そう思いながら、袋を見ました。

すると、ちゃんとお箸が入っていました。

なぜ?

他の人は、言わないとおはしをくれません。

それなのに、私にはなぜお箸をくれたのでしょうか?

もしかして、あなたはエスパー?

それとも、大阪人特有のケチケチ光線でも出ていたのでしょうか?

謎は残ります。

もしかして、私の顔を覚えていたのでしょうか?

でも、半額セールの時に来る人って、結構いますよ~

その中で、私の顔を覚えているなんて思えませんが・・・

ま~、そんなことはどうでもいいです。

明日も、その店に行くか~

またお箸くださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク