やっぱりムヒがいいな!

私は、子供の頃から皮膚が弱いです。

そのため、体が温もるとかゆくなります。

だから夏など、かゆくてたまりません。

でも、これから冬が近づくと寒くなるので安心です。

と言いたいところですが、私は猫と同じ寒がりです。

なかなか上手い事いかないものです。

また、ストレスなどもかゆみの原因になります。

ストレスと、かゆみが結びつかない人もいるかもしれません。

でも、イライラするとかゆくなります。

実は、イライラすると体温が上がります。

実際に体温を測った事はありませんが、体温が上がるような気がします。

そうなると、かゆくなります。

また、お酒を飲んでもかゆくなります。

ま~、これは今までの流れでわかると思いますが・・・

お酒を飲むと、体温が上がってかゆくなります。

文字で、かゆくなると書いていると、気のせいかかゆくなってきたような感じがします。

さて、このかゆみを直す方法は無いものでしょうか?

たぶん、今の医学では無理でしょう。

以前、本で読んだ事があります。

皮膚関係の病気は、感情(精神面)と関係するような内容を。

それって、どうでしょうか?

もしかしたら、当てはまるかもしれませんね。

鳥にストレスを与えると、自分の羽をむしる事があるそうです。

そういえば、私もストレスがかかると、かいてしまうのはこれに似ているかもしれない時があります。

ま~、私が鳥並みってことでしょうか?

何が?

すべてにおいてって事です。

子供の頃に、親に連れられて皮膚科の病院に行きました。

いろいろな病院に行きました。

また、いろいろな薬を試してみました。

「大人になったら治る」

って医者には言われていました。

でも、治っていません。

年齢的には、かなり大人です。

でも、精神年齢的には子供なので、治らないのでしょうか?

今は、病院には行っていません。

子供の頃に比べて、少しはましになっているようには思います。

でも、かゆい時はかゆいです。

かいてはいけないとわかりながら、ポリポリ・・・

後で、泣きを見ることがよくあります。

でも、かゆいんだもの。

なんとかならないものでしょうかね~

今は、かゆくなると、ムヒをつけています。

私にはこれが一番です。

ムヒ?

たぶんわかると思いますが、念のために。

http://www.ikedamohando.co.jp/products/index.html

上記のアドレスは、メーカーのホームページです。

今回、上記のアドレスを見て、ムヒにもいろいろあることを知りました。

でも、私が買うムヒは、昔からあるチューブタイプのものです。

薬局で勧められて、他のムヒを試した事があります。

でも、昔ながらのムヒが私には合います。

何より、安いのがいいです。

ムヒですが売っていないことがあります。

理由を薬局で聞くと、どうも虫刺されで買う人多いようです。

そのため、虫の減る寒い時期には仕入れないようです。

今回も、ムヒを買いに行くと売り切れでした。

「どうしようかな?」

他の薬局で探そうかと考えていると、

「同じ成分の薬があります」

その様にいわれて、他のかゆみ止めの薬を薦められました。

そこで、その薬を買うことにしました。

値段を聞かずに、その薬を買うことにしたので、支払いの時にドキドキしました。

「いったい、いくらするんだ?」

すると、ムヒより30円ぐらい高いだけでした。

家に帰り、早速その薬をつけることにしました。

薬の箱を開けると、ムヒより大きなチューブが・・・

少し高いのに、内容量は倍くらいありました。

なんだか、得した気分です。

「いや~、今度からこの薬を買おうかな?」

さて、その薬をつけた感想です。

「やっぱり、ムヒがいいな」

なぜ、私がムヒを気に入っているかというと、スースーするからです。

でも、この薬は、スースーしません。

このスースー感が、私のかゆみを抑えます。

だめじゃん・・・

他の薬に浮気した私がバカでした。

捨てるわけにも行かないので、無くなるまではこの薬を使います。

でも、いつものムヒより倍の量です。

次に買うまでは長く掛かりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク