それでは、根本的な解決にならない

私の給料が振り込まれる通帳の残高は、563円です。

は~

給料日は、毎月25日です。

でも、今月は25日が土曜のため銀行が休みなので、24日に振り込まれました。

まだ給料日から、数日しか経っていないのに・・・・

それは、24日の午後の事です。

昼休みに、銀行で生活費をおろすことにしました。

え~と、残高は、165563円です。

おや、残高があるぞ~

どうも、知らない間に、お金がたまっているようです。

助かります。

今月は、生命保険の1年分を一括して引き落とされます。

今日は給料日。

これを全部おろしても、今月分の給料があります。

まだ、給料は振り込まれていません。

私の給料が、165000円ってことはありません。

いくらなんでも、そんなことはないだろ~

そこで、今月の生活費と、生命保険の引き落としのために165000円を下ろすことにしました。

残高、563円。

ちなみに、生命保険の引き落としは別の銀行です。

そこで、そのまま、別の銀行の自分の口座に8万円を預け入れることにしました。

それから、そのまま会社に帰ることにしました。

会社に着くと、社長と出くわしました。

社長に呼び止めら、どこに行っていたのか聞かれました。

私は、素直に銀行に生活費を下ろしに行ったことを言いました。

すると、社長は、私に手招きをします。

いったい、なんだ?

別に、怒られることなど思いつきません。

呼ばれると、怒られると考えるのは、学生のころの影響でしょうか?

学生のころは、よく怒られました。

すると、社長は、

「稼ぎたいなら、どんどん出てきたらいいから」

私には、何のことかわかりません。

実は、私は土曜日も働いています。

そのため、休みは祝日と日曜日だけです。

さすがに、これ以上は働けません。

いったい、何が言いたいんだろう。

そのまま、自分の席に戻り仕事をすることにしました。

午後6時が近づいてきました。

もうすぐ仕事が終わりです。

すると、社長が給料明細を配り始めました。

そして、明細を見ました。

目を疑いました。

実は、私は転職をしてあまり月日が経っていません。

給料明細の手取りの金額を見ました。

165000円。

実は、銀行の残高は今月の給料が振り込まれた金額でした。

つまり、私の銀行残高は563円。

ちなみに、私の年齢は四捨五入すれば40歳です。

われながら情けないです。

社長の言うように、もっと働く日を増やせは、少しは給料が増えます。

でも、ものには限度があります。

そんなことでは、根本的に何も解決しません。

転職して間もないのに、また転職したくなりました。

こんな金額なら、アルバイトのほうがもっと稼げます。

ちなみに、私がアルバイトで一番稼いだときは、総額で423000円ってのがありました。

就職すれば、安定って考えがあります。

しかし、今の世の中、幻想でしかありません。

明日なんて、誰にもわかりません。

どんなにがんばっても、会社がつぶれる事もあります。

どうにかしなければいかんな~

どうしよう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク