iPodを新品に出来るかも?ヒントはバッテリー

今では、iPodが手放せないものになりました。

最近は、Podcast(ポッドキャスト)が気に入っています。

しかし、iPodを聞くたびに、

「音悪いな~」

って思います。

気のせいだと思っていたのですが、久しぶりにMDを取り出して聞いてみると、やはりiPodのほうが劣ります。
*注意* ここでのMDとは、MDウォークマンみたいな、携帯音楽プレイヤーのことです。

それでも、一歩外に出れば、みんなiPodを持っています。

ということは、それほど音質にはこだわらないってことでしょうか?

ま~、いくらハードがよくても、ソフト面がこんなんでは・・・

いまさら、上っ面だけの音楽を聞くわけではないので、かまいませんが。

さて、私のiPodですが、ぼろいです。

なぜなら、中古だからです。

ただで手に入れたので、あまり文句は言えません。

100円均一の店に行くと、iPodの液晶部分の傷防止フィルムなどを見かけます。

私もほしいのですが、すでに画面は傷だらけ。

買っても意味がありません。

それほど、ボロのiPodなので、バッテリーの持ちがよくありません。

iPodは、MDと違ってバッテリーが簡単に交換できません。

バッテリーを交換するには、メーカーに出さなければいけないようです。

しかし、料金が安くない。

お金を出してまで、この音質ではiPodを買おうとは思わないので、バッテリー交換ですら躊躇してしまいます。

そういえば、なんかの本で、自分でバッテリーを交換する方法があることを見たことがあります。

そんなことを、仕事中に思い出しました。

そこで、仕事中にもかかわらず、iPodのバッテリーの交換方法を調べました。

iPodを分解する道具が、数百円で売っていました。

でも、よく調べると、その道具が無くても、今はあまり見かけないテレホンカードみたいなものでもあくようです。

道具はやすいのですが、交換用のバッテリーが安くない。

私としては、1000円ぐらいが希望なのだが、見つけたのは5000円ぐらいでした。

メーカーにバッテリー交換を依頼すると、6,800円(税込)のようです。

あまり金額には差がありません。

自分でやった場合、失敗する恐れもあります。

リスクをかけてまで、自分でやる価値はあるだろうか?

そこで、もっと調べてみました。

すると、どうもバッテリー交換とは名ばかりで、実際は新品のiPodと交換してくれるようです。

iPodには、シリアル番号が付いています。

もし、バッテリー交換に出すと、そのシリアル番号はどうなるのでしょうか?

iPodを交換するので、もちろんシリアル番号は変わるようです。

そこで、私は考えました。

いまのiPodを、バッテリー交換として修理に出せば、6900円で新品になるじゃないか。

そうすれば、100円均一で傷フィルムを買う価値が出てきます。

ところで、この6900円ですが、以前と比べて安くなっているようです。

それでも、やっぱり高いと思います。

なので、もうちょっと使ってから、バッテリー交換に出したいと思います。

メーカーのバッテリーに関する説明のアドレスはこちらです。
http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク