なんか期待はずれ!4880万円の高性能ベンツ 「SL 65 AMG Black Series」

メルセデス・ベンツ日本は、「SL 65 AMG」をベースに、運動性能を向上させたモデル「SL 65 AMG Black Series」を、4880万円で販売しているそうです。

時代は変わりました。

昔は、車は若者のステータスでした。

しかし、今は、車はそれほど重要ではないようです。

そういえば、私の友人も、あれほど車にこだわっていたのに、今では軽自動車に乗っています。

しかし、高級車となると別です。

ベンツなどは、まだまだステータスシンボルのようです。

でも、今のベンツですが、デザインがおとなしい。

以前のように、威圧感がない。

昔のベンツは、空力なんて考えているのか?ってぐらいインパクトがありました。

ま~、丸目のベンツなどは、別の意味でインパクトはありましたが。

それでも、いろいろな意味で、ベンツは別格のようです。

たとえ、同じ価格なら国産車のほうが性能がいいと思います。

それでも、ベンツのほうが格は上です。

そんなベンツのニュースです。

それも、4880万円です。

タイトルを見たとき、チョー高級車をイメージしました。

しかし、画像を見ると

「な~んだ、期待はずれ」

でした。

ちなみに、元記事と画像はこの下にあります。

私は、車についてあまり知りません。

[ad]

この画像を見たとき、スカイラインやシルビアを思い起こしました。

このベンツは、高速で走るとスポイラーが変化するようです。

そういえば、昔、スカイラインでそんなのあったような・・・

高速で走ると、前のスポイラー?がでてくるってやつです。

つまり、ベンツらしさが感じさせられないってことです。

今は、車は売れないようです。

なぜ、車は売れなくなったのでしょうか?

いろいろな意見はあると思います。

私は、かっこいい車がなくなったからだと思います。

いまは、どれも同じような車ばかりです。

ベンツまで同じようなデザインになっているように見えます。

高級車は、庶民にとって、夢のまた夢です。

こんなんでは、その夢もつぶれますよ。

4880万円の高性能ベンツ 「SL 65 AMG Black Series」 (J-CAST)

メルセデス・ベンツ日本は、「SL 65 AMG」をベースに、運動性能を向上させたモデル「SL 65 AMG Black Series」を、2008年11月4日から販売している。価格は4880万円。

大型ターボチャージャーや専用設計のエアインテークなどを備え、最高出力を670psとした6リッターV12ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは、シフトダウン時の自動スロットルブリッピング機能を備えたAMGスピードシフトプラス付電子制御5速ATが組み合わされる。足回りはフロント/リアともトレッドが拡大されたほか、専用設計AMG調整式スポーツサスペンション、大径のコンポジットブレーキディスクと大型ブレーキキャリパーを採用するブレーキシステムが採用される。

ボディはボンネットやルーフなどにカーボン素材を用いて軽量化が図られており、ベース車両に比べ約250kg軽くなっている。拡大されたトレッドにあわせ、前後フェンダー共に大きく張り出したものになり、さらにリアディフューザーや大型スポイラーなどと相まって迫力ある外観となっている。内装もシートにカーボン製AMGスポーツバケットシートや、カーボントリムを多用したドアパネルやセンターコンソールなどが採用されている。

120km/h以上になると伸長する電動格納式トランクリッドスポイラーも備えられる

120km/h以上になると伸長する電動格納式トランクリッドスポイラーも備えられる

4880万円の高性能ベンツ 「SL 65 AMG Black Series」 – Infoseek ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク