iPodが充電できない!原因はなんだ?

iPodのバッテリーが少なくなってきました。

そこで、充電することにしまいした。

ところで、私のiPodは中古です。

それも、本体のみ。

充電するためのケーブルがありません。

そこで、ケーブルを買いに行くことにしました。

電気屋に行く途中、安売りの店を見つけました。

正直なところ、この店は好きではありません。

それに、あまり安いとも思えません。

チェーン展開している店で、いろいろなところ出店しています。

店の名前を出すのもどうかと思うので、それは秘密。

でもヒント、変なメガネをかけたおっさんがトレードマークです。

関西地方に多いのではないでしょうか?

なぜ、この店が嫌いかというと、店員の態度があまりよくない。

その店だけかと思ったのですが、ほかの店に行っても同じようです。

多分、会社の教育方法に問題があるのでしょう。

また、扱っている商品も、パッチもん(偽物)っぽい感じなので、もしかしたら安くiPod用のケーブルが手に入るかも?

店に入って探しました。

すると、1つだけありました。

でも、汚い。

新品のはずなのに、コネクターあたりが粉をふいているようです。

そして値段。

たしか、900円ぐらいだったと思います。

どうしようかと悩んだあげく、とりあえず、当初予定していた電気屋に行くことにしました。

やはり、電気屋です。

iPodのケーブルがたくさんあります。

でも、高い。

1500円~って感じです。

でも、先ほどの店と違って、商品はきれいです。

ここは悩みどころです。

悩んだあげく、先ほどのパッチもんの店で買うことにしました。

つまり、値段で選びました。

家に帰り、さっそくiPodを充電することにしました。

ケーブルをつなぐと、充電されるはずです。

一瞬だけ、充電されている表示が出ました。

でも、すぐに、いつもの画面に戻りました。

あれ?

再度、ケーブルをつなぎ直しました。

今度は、最初から変化なし。

どうしよう・・・

そこで、古来から伝わる方法を試しました。

iPodをたたく。

たたいて、たたいて、たたきました。

すると、ポンポンと、充電されている表示がされるではないですか。

それでも、一瞬です。

だんだん腹が立ってきました。

もしかしたら、中古のiPodだから壊れているのかも知れません。

私は短気です。

そのため、過去にいろいろな失敗をしてしまいました。

今回も、その教訓が生かせそうにありません。

コードを引きちぎろうかと思い、引っ張りました。

すると、充電されている表示が・・・

どうも接触が悪いようです。

そこで、コードをクネクネさせました。

いろいろなところを、クネクネ。

コネクター部分をクネクネ。

原因は、コネクター部分の接触が悪いようです。

やっぱりな~

今回買ったiPodのケーブルは純正ではありません。

またやっちまったよ。

安物買いの銭失い。

いろいろ試してみた結果、iPodとコネクター部分をくの字に曲げると充電されます。

でも、毎回充電のたびに、くの字にするのは面倒です。

手を離すと、充電されません。

ケーブルを交換するにも、パッチもんの店には、商品はこれしかありませんでした。

それに、レーシートがありません。

なぜなら、ケーブルを買ったときに、レシートをくれませんでした。

店員は、茶髪のいかにもって感じの人でした。

あまりお話したいタイプではありません。

いまどき、そんな人は、今回のパッチもんの店しか雇ってくれないでしょう。

こんな人ばかりなので、このジャ・・おっと、この店は感じ悪いのでしょう。

で、どうしたかというと、電気屋で別のケーブルを買いました。

今回は、ちゃんと充電表示が出ます。

これで安心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク