気が付けば、仕事中だけ記憶喪失!なぜだ?

「あ、はい」

私は、返事をしながら、いったい何のことだと考え中です。

内線電話がかかり、上司から仕事の進行状況に関する問い合わせの一幕です。

私には、その仕事をやった記憶がまったくありません。

何とか、ごまかしその場を切り抜けました。

そんなことが、最近よくあります。

私もいい年ですが、ぼけるにはまだ早いと思います。

とはいえ、ボケは年寄りだけのものではないようです。

でも、記憶が消えるのは、会社にいる間だけ。

プライベートの事は、ちゃんと覚えています。

ここまで読んだあなたは、「仕事がいやで、いやいややっているから覚えていないのでは?」って思うかもしれません。

ま~、確かに、最近仕事が面白くなってきました。

それに、給料やすいし~

と、愚痴モードになってくるので、仕事の内容に関しては、ここでやめておきます。

確かに、若いときに比べて忘れるのは早くなっています。

でも、これは、経験により身に付けた技術かも知れません。

人間、生きていれば、楽しいことばかりではありません。

どちらかといえば、私は引きずるほうです。

しかし、最近は、そんなこともあるさ~と考えて、忘れることが出来るようになってきました。

また、いろいろと調べるのが趣味みたいなものなので、本などもよく読むほうです。

それを全部記憶する容量は、私の頭にはありません。

覚えたところで、雑学程度にしかなりません。

だから、忘れる必要があります。

でも、仕事となると別です。

何でも忘れるようでは困ります。

まいったな~

そんな悩みが、未解決のまま日々過ぎていました。

しかし、ふと原因がわかりました。

すべては、私の隣の人にありました。

原因がわかったところで、解決方法はないでしょう。

一言言えばいいのですが、

「たぶん、なおらないだろうな~」

みんな、その人に対しての考えは同じようです。

うるさい!

もうちょっと、静かにしゃべってよ。

本人は、耳が悪いからと、あまり気にしていないようです。

うん?確か私の記憶の話だったような・・・

それが、いつの間にか、隣の人がうるさいって話に。

実は、隣の人の大声が、私の記憶に関係していました。

わかったぞ!

それは、土曜日のことです。

私の会社は、日曜日と祝日は休みです。

土曜日は、交代で休みになりました。

「今日は、しずかだな~」

誰かの、冗談交じりの声が聞こえます。

なぜなら、私の横の人が休んでいるからです。

「耳が悪いから、大声なんでしょう」

ちょっと、不満が混じった意見も。

私は、集中して仕事をしていたので、その人がいないことすらわかりませんでした。

「あ、ほんとだ」

今日は、いつもより仕事が進んでいます。

なんせ、あれと、あれをしたからな~

今日は、いつもと違って、ちゃんとした仕事を覚えています。

おや?

不思議です。

いつもなら、さっきやったことも覚えていません。

それなのに、なぜ?

そうか、わかったぞ!

そのうるさい人が休んでいるからだ。

私たちは、何かを考えない事は出来ません。

考えないと思うと、そのことを考えてしまいます。

なかなか、無の境地には達しないようです。

何も考えていないようで、無意識のレベルで考えています。

それは、頭の中で声を出して考えています。

そして、その無意識の声を記憶しています。

ところで、なぜ人間は、うるさいところでも人と話が出来るのでしょうか?

それは、脳が雑音を排除するからです。

私は、仕事中、いつも隣の人の声がうるさいな~って考えています。

隣の人は、大声のうえ、話し好き。

絶えず、しゃべっています。

そのため、私は、手は動いていますが、こころ中は

「うるさいな~」

って絶えず考えています。

また、場合によっては、隣の声のせいで、そのこころの声すら聞こえない場合があります。

その間、私は、無の境地に達します。

それは、なんとも表現できない感覚です。

一瞬、すべてが止まったようにも感じます。

頭の中は、すべての音をシャットアウトします。

それほど、特別な状況を作ってしまうほと、その人の声はでかい。

体の調子が悪いときなど、大声が原因で気分が悪くなります。

はきそうにもなります。

でも、どうすることも出来ません。

その本人が、他人の迷惑を理解できないからです。

それでは、私がどうにかするしかありません。

そこで、こまめに、仕事の状況をメモすることにしました。

これで解決かな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク