また食べられるかな?鯨肉輸入、17年ぶり再開=アイスランドから-政府が承認

日本は、アイスランドから鯨肉を輸入するようです。

また、食べられるかな?

私の子供のころは、鯨は普通に食べることが出来ました。

給食で、鯨肉の竜田揚げが大好きでした。

そこで、家に帰って、そのことを言うと却下!

なぜなら、私の親が、鯨肉が嫌いだからです。

親が子供のころ、肉と言えば鯨だったそうです。

そのため、もう鯨は食べたくないって事のようです。

私には、硬かったけど、おいしかったな~っ記憶が。

なぜ、今は鯨を食べることが出来ないのでしょうか?

ほかの国が反対しているから?

それに対して、日本人の意見は、私たちの食文化にケチ付けるな!って感じでしょうか。

そういえば、隣国で犬を食べる国があったと思います。

これに対する意見を見ると、野蛮だって意見が多かったと思います。

外国から見ると、鯨を食べることって、これに似ているのかも知れませんね。

ま~、私は、別に犬を食べてもいいかもって思います。

たぶん、私が犬を嫌いだからかもしれません。

犬は嫌いですが、猫は好きです。

もし、猫を食べるとなると・・・・

キャー、そんなこと考えたくないよ~

以前、テレビを見ていると、鯨を食べることに反対する外国人が映っていました。

その外国人の考えは、「鯨は、賢いから食べてはいけない」

それって・・・・

では、馬鹿なら食べていいのだろうか?

それならば、そんな意見を言う、その外国人を食べなければいけないかも。

もちろん、こんな考えをしている私も、食べられるでしょうね。

お腹すいたな~

空腹のため、ついこんなくだらないことを考えてしまいます。

鯨肉輸入、17年ぶり再開=アイスランドから-政府が承認

日本政府がアイスランドからの鯨肉輸入を9月に承認していたことが29日、明らかになった。日本の鯨肉輸入が確認されたのは1991年以来17年ぶり。アイスランドが商業捕鯨で捕獲し、今年6月までに日本に向けて輸出した鯨肉で、日本の輸入業者が政府に輸入申請していた。種類や数量は不明だが、関係者によると、既に通関手続きを完了したという。
鯨肉輸入、17年ぶり再開=アイスランドから-政府が承認(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク