何考えてんだ?足裏マッサージ器で窒息死3件=布カバー外し、首に使用か

足裏マッサージ器で窒息死?

まるで、推理小説を思わせるタイトルがきになりました。

犯人はいったい、どのようなトリックを?

事実は小説より奇なりといいたいですが・・・

ある意味、奇ですね。

足裏マッサージ器を、首をもむために使って、窒息したんだから。

記事によると、そんな人が10年に3人。

いったい、何を考えているのでしょうか?

メーカーは、説明書に足裏よって書いてあるって言っているみたいですが・・・

そういえば、今の説明書って、当たり前と思うようなことがいっぱい書いてあります。

PL法でしたっけ?

これが出来てから、こんなくだらない説明が増えたよ。

ま~、日本も、訳の分からないことで訴えられる時代ですし。

でも、今回のことのようなことで訴えられたら会社も困るでしょう。

そんな人はまだいないと思いますが・・・

しかし、わかりませんね。

今は、何が起こるかわからない時代だから。

足裏マッサージ器で窒息死3件=布カバー外し、首に使用か

足裏用のローラー式電気マッサージ器の布カバーを外し、首をもむために使ったため、衣服が巻き込まれ窒息死した事故が約10年間に3件発生していたことが16日、分かった。製造した的場電機製作所(埼玉県川越市)が厚生労働省で記者会見し明らかにした。
このマッサージ器は医療機器として承認を受けており、同省は同日、業界団体の日本ホームヘルス機器協会に事故を伝達。正しい使用法を呼び掛けるよう注意喚起した。
同社によると、事故が起きたのは1986年製造の「アルビシェイプアップローラー」。83年から90年まで約42万台が製造、出荷された。3件とも専用の布カバーを装着せず、首へのマッサージ用に使い、衣服を巻き込んだという。説明書には「足裏用」と書かれている上、カバーを外して使わないよう明記しているという。
足裏マッサージ器で窒息死3件=布カバー外し、首に使用か(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク