そうだろ?槇原敬之へ松本零士から賠償金220万円の判決下る

松本零士が、槇原敬之に賠償金を払わなければいけないかも?

普通に考えて、妥当な判決だと思います。

事の流れは、槇原敬之が作った曲に、松本零士が因縁をつけました。

「銀河鉄道999」のセリフをぱくったやろ~

松本零士が言うと(実際のコメントはもっと湾曲だったですが、趣旨はこんな感じでした)

そんなの知らんぞ~

と、槇原敬之がぶち切れ、松本零士を訴えました。

その判決のニュースです。

で、どこをぱくったの?

松本零士いわく、

「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」ってのをぱくって、

「約束の場所」の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」という歌詞をつくったやろ~

って事みたいです。

あんた、それは言いがかりだろ~

って、はじめに、松本零士が話題に上がったころから思っていました。

そもそも、日本で作られる歌の歌詞は、どれも同じようなものです。

一番多いのが、愛だの恋だのです。

動物的にみれば、発情も、愛と言う言葉で、美しくすばらしい言葉に変わります。

次に、夢ではないでしょうか?

ま~、この辺を歌詞にちりばめれば、ヒット曲にエントリーできます。

逆に言えば、これらのキーワードが無いと、ヒットは難しい。

作るほうも、その辺はわかっているでしょう。

その結果、うすぺら~い曲の出来上がりです。

さらに、日本人の心の中には、英語イコールカッコイイって図式があります。

歌の場合は、英語の発音のほうが、リズムがあるのでさらにカッコよさ20%アップってとろこでしょうか?

そもそも日本語と発音方法が違うのに、英語の歌を真似るのに無理があります。

初期のころのラップは、それは恥ずかしいものがありました。

そんなコンプレックスにも似たものを解消するために、歌詞には英語が入り込みました。

承知の事実ですが、日本人は英語ができません。

それを変えたのが、サザンの桑田でしょうか?

巻き舌で歌うやり方です。

それがいつの間にか、自分のキーより高く歌うことが支流になりました。

俗に言う、鶏を絞め殺したような声です。

そんな、日本の歌自体がパクリの世界です。

独自の発想など出てきません。

後は、決まった単語の組み換えです。

そうなると、どれも似てきます。

そんな音楽の世界に、音楽の世界と同じような発想で考えた言葉で、因縁をつけるほうが間違っていると思いますが・・・

汽車や船が空を飛ぶ発想で、言葉を考えたほうがいいのでは?

ちなみに、私は銀河鉄道999が好きです。

そんな作者が、こんなことで騒いだことが残念です。

槇原敬之へ松本零士から賠償金220万円の判決下る

シンガー・ソングライターの槇原敬之(39)が漫画家・松本零士(70)から「銀河鉄道999」のセリフを歌詞に無断使用したと非難され、名誉を傷つけられたとして、2200万円の賠償などを求めた訴訟の判決公判が26日、東京地裁であり、清水節裁判長は松本に賠償金220万円の支払いを求める判決を下した。同時に求めた「著作権侵害ではないことの確認」については棄却された。

ひげをたくわえた槇原はグレーのスーツ姿で出廷した。穏やかな顔で判決を聞き入ると、すぐに代理人に詳細を確認した。報道陣の問い掛けには無言だったが、代理人は「基本的には勝ったと思っている。判決文を見て判断したい」と語った。

争いの原因は、槇原が作詞作曲した「約束の場所」の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」という歌詞と、松本が書いた「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」というセリフ。人気デュオ「CHEMISTRY」が歌い、テレビCMでも放送された曲に対し、松本がテレビなどで歌詞が盗作であるかのような印象を与える発言をしたとして、槇原が昨年2月、賠償と著作権侵害でないことの確認を求めて提訴していた。
槇原敬之へ松本零士から賠償金220万円の判決下る(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コマメ より:

    コメントありがとうございます。
    改めて、この騒動について考えると、やはり松本氏が騒いだことが残念です。
    私は芸能については詳しくありませんが、槇原ってピークを過ぎた歌手だと思います。
    だから、この騒動が無ければ、歌自体ピックアップされることもなかったのでは?
    また、松本も昔ならこの程度なら騒がなかったのでは?
    私の感じでは、昔注目を浴びた人間は、それが忘れられず、ちょっとしたことで訴訟だ何だと騒ぐ印象があります。
    なんか、小物になったような感じがして残念です。

  2. はいはりふれっほっほ~ より:

    まぁ、事実としてこの言葉は先に松本氏が使用していたってこと。
    そういうことがないようあらゆることを調べるそうですプロの世界では、ようするにプロの立場からだと牧原氏及びレコード会社に落ち度があるという意見でした。パクろうがパクらなかろうが後出しはには違わないと。私はこの曲をTVだかラジオで耳にしたとき、てっきり新しい松本作品の主題歌か挿入歌だとばっかり思っていました。
    松本氏がTV,ラジオ、その他の媒体に出演した時、必ずと言って良いほど語っておられましたから。たとえば一般人のみなさまなら

  3. コマメ より:

    そうですかね~
    と思って、見てみるとやっぱり盗作かも。(私の心は揺れている)
    改めて考えると、夢と時間って結びつきにくいですね。
    たしか、最初のころ槇原敬之は、銀河鉄道999をしらね~って言っていたような。
    それは、うそだろ~って思った。
    ま~どっちにしても、両方がイメージダウンしたことは間違いないでしょう。

  4. 通りがかり より:

    盗作でしょ。偶然でここまで似ないよ。