宇多田ヒカルって英語うまいの?

今回は、まだ続いています。

何かと言いますと、英語の勉強です。

いつも、がんばってやるのですが、途中でつらくなってやめます。

一応、ノルマを決めてやります。

でも、その目標が達成できなく敗北。

それが、今回は続いています。

ま~、いつまで続くかわかりませんが・・・

毎回、勉強するごとに、学習方法を変えています。

今回は、音読です。

CDにあわせて、まねをします。

やり始めたころは、かなり苦痛でした。

あごが痛くなるし。

それも、慣れてくれば、あまりきになりません。

改めて考えると、ノートに書いて勉強するより楽です。

で、効果のほどは・・・・

何事も、続けることが大切だと言うことで、ご勘弁を。

さて、私が音読している英語のレベルですが、中級です。

本に、中級レベルと書いてあるので、中級なのでしょう。

でも、私のレベルは、入門の隣の、その隣の家って感じです。

う~ん、ちょっと違うぞ。

そのたとえ。

ま~、ピントが外れているってところはあってるかも?

では、なぜ、中級レベルの本で勉強しているのでしょうか。

別に、見栄を張っているわけではありません。

なぜなら、本は、図書館で借りているからです。

いままで、英語の学習にお金を使いました。

もちろん、ノバではありませんが、そんなところにも行きました。

で、結果は、惨敗です。

本もたくさん買いました。

そのようなことを思い起こす度に、お金をどぶに捨てると言う言葉を思い起こします。

そんなこともあり、いつ挫折してもいいように、図書館で本を借りています。

しかし、いつも、自分の希望している本が図書館で借りられるとは限りません。

そんなわけで、今回は中級レベルの本です。

その本には、CDがついでいます。

かなり早い英語が流れます。

難しい単語も出てきます。

それでも、聞こえる英語を真似しています。

日本人の英語入門者は、英語を日本語のように全部発音しようとします。

でも、このCDの英語を真似しようと思ったら、絶対無理です。

何度もやっていると、ちょっとずつ省略するようになって来ました。

すると、CDの英語と合うようになってきました。

また、全部発音しようと思うと、酸欠状態になります。

ある程度、リズムをつけて、息を吸わないと酸欠で頭が痛くなります。

こんなCDまねするなんて無理だ~と思っていました。

そこで、まねするのをやめて、聞いてみると、それほど早いとは思いません。

まねしていると、まるで早口言葉のように感じるのですが・・・

それでも、続けていると、ちょっとは付いて行けるようになりました。

毎日続けていて、昔聞いていた、初級レベルのCDを聞いてみました。

すると、いらいらするぐらいゆっくりに聞こえるような気がします。

まだ、完全に聞き取ることは出来ませんが、ここはこれかな?と推測しながら聞けるようになったような・・・

もともと飽きっぽい私なので、いろいろな英語のCDを聞きます。

ネットで、音源をとったりもします。

その中には、日本人が発音しているだろうと言うのも結構あります。

日本人独特のなまりがあるやつです。

なんで、日本人がしゃべっているのかわかるのかな?

今日、そんなのを改めて聞いてみました。

すると、a(あ)の発音が全部同じでした。

英語のaの発音はいくつかあります。

たとえば、発音記号のaのあですが、日本語の”あ”より大きな口を開きます。

そのため、”お”のようにも聞こえます。

それ以外に、発音記号で”ae”見たいなのは、”あ&え”みたいな発音をします。

この発音が使われるのが、弓の”arrow”です。

カタカナで書くと、アローでしょうか?

でも、実際に聞くと、エローのように聞こえます。

初めて聞いたとき、エロがどうしたの?っておもいました。

早くて、会話は聞き取れませんが、エロ・エロとエロ話の内容かと思ったぐらいです。

今は、その音を叩き込んだので、arrowだけは、”あ(にごったあ)ろー”って聞こえるようになりました。

その結果、エロ話のように聞こえなくなりました。

一度、覚えるともう、エローって聞こえないから不思議です。

そうやって、毎日英語を聞いています。

でも、すぐに頭がいっぱいになります。

もう、英語いいや~

そこで、音楽を聴きます。

実は、私は今までほとんど音楽を聴きませんでした。

最近よく聞くのが、宇多田ヒカルです。

なんか、彼女の声が好きです。

そういえば、彼女は英語をしゃべりますよね?

テレビで英語をしゃべっているところを見たことがあります。

ここのポイントは、見たことがあるってところです。

英語なので、聞いたことがあるがただしいかもしれません。

しかし、そのときは、むにゃむにゃって感じで、何も聞き取れませんでした。

英語の後に、宇多田ヒカルの曲を聞くとなんだ安心します。

さて、改めて宇多田ヒカルの曲を聴いたのですが・・・

もちろん、宇多田ヒカルの曲には、ほかの曲と同じように、英語の歌詞が出てきます。

英語を勉強していることもあって、つい、きにしてしまうのですが・・・

宇多田ヒカルの英語ってうまいの?

歌詞に出てくる英語ですが、日本人が発音している英語のようにしか聞こえないのですが・・・

まず、アクセント?ですか?の位置が違うようなきがします。

それと、強弱も違うような気がします。

う~ん、説明がむずかしいな~

たとえば、a penのaです。

これは、発音記号で言えば、”e”や”v”をひっくり返したよう音です。

どんな音?

かなり弱い音で、場合よったら、私は聞こえません。

でも、英語のリズムで区切って聞くと、ほんのすこしタイミングがずれて、発音したかも?ってわかる場合があります。

それを、宇多田ヒカルはちゃんと発音しています。

英語の発音で一番難しいのが、日本語の音と違うところです。

日本語の音のどっち?って感じであいまいな音が多いです。

そのため、日本語と英語を混ぜると、違和感を感じると思うのですが・・・

むかし、アメリカ人と、ベンチで日本語で話をしていました。

そのアメリカ人は、日本語が上手です。

それでも、発音は英語方式なところがあります。

何が日本語と違うって?

英語は、腹式呼吸で話します。

そのため、ベンチに背もたれていた私は、アメリカ人がしゃべるたびに、背中にビリビリと振動を感じました。

普段、CDやテレビで英語を聞くとわかりませんが、英語はうるさい。

電車で、アメリカ人がしゃべると、かなり広域に聞こえます。

たぶん、お腹から声を出すからでしょう。

お腹から声を出さなければ難しいのが、発音記号で書けは”h”ではないでしょうか?

これは、かなり勢いよく発音しているようです。

そういえば、猫が怒った時の声は、発音記号で”h”かも?

日本語で書けば、猫の怒った声は、”はーーー”です。

でも、これは、”h”+”a”の音です。

日本語は、子音の後に母音が付きます。

でも、英語は、子音だけでもひとつの音となります。

さて、日本人にとっては、猫の怒った声は雑音に近いかもしれません。

なぜなら、猫の怒った声に母音は付かないからです。

でも、英語が母国語の人にとっては、”h”の音も立派な言葉です。

そういえば、昔、ブラジル人たちと話をしたときのことです。

ちなみに、ブラジル人とは日本語で話をしました。

そこで、動物の鳴き声の話になりました。

私たち日本人は、犬はわんわん、猫はにゃーにゃー、カエルもアヒルもガーガーガーです。

でも、それがブラジル人にとったら、大爆笑です。(そういえば、中国人もわらってたな~)

犬が、わんわん?

げらげらげら・・・

ブラジル人は、ポルトガル語をしゃべります。

ポルトガル語は、英語に似ているところもあります。

昔なので忘れましたが、たとえば救急車ですが、英語でambulanceです。

それが、ポルトガル語だと、う~んわすれたな~でも、語尾がちょっと違うだけで、英語に似ていました。

ま~英語にはない”~”みたいな、にょろが単語の上に付くなど違いはあります。

でも、日本語と英語の違いに比べたら、たいしたことないだろ~って感じの違いだと思います。

なんか、だらだらと書いてしまいましたが、えらそーにいっても入門にすら達していないレベルです。

それに、勉強してもウイルスの涙ほどの進歩でしかありません。

ちょっと上達したかも?っと、かなり自己満足以外の何者でもない進歩にルンルンです。

とりあえず、1ヶ月続いたので・・・

本には、最低3ヶ月って書いてあるので、それが目標です。

3ヶ月か~、あんまり進歩していないだろな~

それを考えると、ちょっとブルーになっちゃったよ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク