どの用紙を買おうかな?

それは、今日の事です。

と、また、だらだらとブログを更新します。

は~

実は、ほかに、しなくてはいけない事があります。

まず、ネットワークについての本を読む。

朝、会社に行く前に読んでいた本が、途中まで読んで、裏がしに伏せたままです。

その他、同じ関連の本が数冊。

それに、仕事で使うプログラムの作成です。

去年の年末からやり始めて、止まっています。

このように、しなくてはいけない事があるほど、関係ないことをやってしまいます。

同じような理由で、忙しいときほど、部屋がきれいになります。

これも、現実逃避として、掃除をしてしまうからです。

ふ~~~

さて、別に書きたい事があって書き始めたのではないので、話がグデングデンです。

今日、会社に行って、一番にしなくてはいけないのが、買い物です。

朝の掃除が終わり

「買い物に行ってきま~す」

と、勢いよく出かけようとすると

「店開いてる?」

いや~、そのとおりです。

まだ、こんな時間では店は開いていません。

ただいまの時間、8時40分

なんせ、普段買い物は、思いついた時に行くので・・・

私は、ダイエーのそばに住んでいます。

そのダイエーは、24時間開いています。

だから、いつでも行く事が出来ます。

また、私は冷蔵庫を持っていません。

昔持っていたのですが、友達にあげました。

私は、貧乏なため、買い置きと言う事ができません。

冷蔵庫に入れていると、食べ物が気になって気になって・・・

すぐ食べてしまいます。

そのため、いつも冷蔵庫は空でした。

貧乏なのに、空の冷蔵庫に電気代がかかる。

だから、冷蔵庫を友達に上げました。

さて、別の用事をしていると、10時前になりました。

改めて、買い物に行くことにしました。

今回の買いものは、プリンタの用紙です。

ちなみに、用紙は写真用です。

社長に頼まれました。

社長は、その用紙で、子供の写真をプリントするようです。

自転車で、電気屋まで行きました。

10時10分前に会社を出たのに、開店前についてしまいました。

約2分ぐらい待つ事になりました。

今日は、ほかにしなくてはいけない仕事があります。

たった2分ですが、かなりイライラします。

開店と同時に、店員にプリンタ用紙の場所を聞き、まっしぐらです。

目的の場所に付くと、いろいろな種類の用紙があります。

ど、どれにしよう・・・まようぞ~

ところで、私はカメラも好きです。

かなり、こだわります。

今回の買い物は、他人の買い物なので、どうでもいいのですが・・・

悩みましたよ~

どの用紙にするか。

ふと見ると、上に、プリントしたサンプルがあります。

たくさんの種類の用紙がありますが、今回の目的の写真用の用紙は、大雑把に分けて4種類。

大体、1袋50枚ぐらい入っています。

その4種類ですが、それぞれ1000円ぐらいずつ値段が違います。

正直なところ、仕上がりの違いは、ほとんどありません。

たぶん、ほかの人はわからないと思います。

私も、用紙を並べていたからわかりました。

で、違いですが、インクの発色が違います。

高い値段の紙ほど、発色がよかったです。

正直なところ、社長は、紙の違いなどわかりません。

でも・・・

いろいろ考えた結果、一番安い紙にしました。

理由は、安かったからではありません。

今回、その紙でプリントするのは、赤ちゃんです。

そのため、高級紙で、発色よく赤ちゃんをプリントするより、エントリー紙で、やわらかくプリントするほうがいいと思ったからです。

もし、プリントするのが、風景なら、一番高い紙を買ったでしょう。

日本人の場合、風景は、原色に近いような、かなり強い色が好まれます。

いまは、カメラと言えば、デジカメです。

その昔、写真と言えばフィルムの時代の事です。

たぶん、一度は見た事があると思います。

青い空、青い海、そして椰子の木。

海や空は、真っ青です。

この写真をフィルムでとる場合、富士フィルムのベルビアってフィルムが使われています。

リバーサルフィルムってやつです。

さらに、レンズにはPLフィルターが使われます。

これを使うと、青みが増します。

そして、おっと、話が長くなりそうです。

このように、私は凝り性です。

さて、用紙を買って、会社に帰り社長に渡しました。

気がつくと、私が赤ちゃんの写真をプリントしていました。

ところで、プリントする写真ですが、携帯で撮ったやつや、コンパクトカメラで取ったものばかりです。

これでは、いくらいい紙を買っても・・・

もし時間があれば、私の一眼レフカメラに、望遠マクロレンズで赤ちゃんを撮るのですが・・・

希望としては、逆光に、日中シンクロで、淡い感じで撮りたいな~

ま~、誰かがレフ版を持ってくれるとさらにいいのに~

こんな仕事なら、もう少し楽しいのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク