入る事が出来ないお店

今日、久しぶりに梅田に買い物に行きました。

大阪の人には、梅田と言えばわかると思いますが・・・

説明が面倒なので検索してみました。

梅田(うめだ)とは、大阪市北区にあるJR大阪駅を中心とした一帯の地域名称。大阪最大の繁華街である。JRの他、阪急電車、阪神電車、地下鉄が乗り入れ、ホテル、百貨店、事務所ビル、歓楽街などが集積している。

梅田から南へ4km程度離れた難波を中心とした一帯を「ミナミ」と呼ぶのに対し、梅田周辺を「キタ」といい、大阪を代表する繁華街の一つになっている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ま~、都会って感じですかね~

家から梅田までは、電車で10分ぐらいと近いです。

しかし、会社は、梅田とは反対方向。

梅田に行くのに、定期券が使えず、お金が要ります。

昔は、よく梅田に行っていましたが最近は・・・

片道180円が惜しくて。

それに、都会といっても、たかがしれています。

それでも、私の住んでいるところよりましです。

今回の目的は買い物。

で、何を買いに行ったかというと、パソコンの本です。

もちろん、私の家の近くにも本屋はあります。

しかし、出版不況ってやつですかね~

本が売れないのか、置いてある本は売れ筋ばかりで、私のほしい本がありません。

確か本って、返品がきいたはずですが。

だから、いろいろな本を仕入れても問題は無いと思うのですが、やっぱり売れないのでしょう。

目的の本は、簡単に見つかりました。

後はどうしよう?

近いとはいえ、今度来るのは、いつかわかりません。

ちなみに、前回、梅田に行ったのは、ちょうど1ヶ月まえ。

その時も、本を買いに行きました。

別に目的もなく、ぶらぶらしました。

まだ季節は冬。

なるべく、風にはあたりたくありません。

梅田は、地下街が、ありの巣のように延びているので、風にあたらずに移動できます。

そのまま、人の流れについていくようなかんじでさまよいました。

やはり、運動不足なのでしょう。

すぐに疲れてきました。

歩くのも疲れたので、どこかの店に入る事にしました。

どこにしよう?

すると、ショーウインドウに、素敵なガラス細工が・・・

近寄ってみると、とてもきれいなガラスです。

そういえば、この店の前に、宝石店の前も通りました。

そこには、ティアラがありました。

ティアラとは、頭につける王冠みたいなやつです。

おっ!

近寄ってみると、売り物で値段が・・・

2千万円。

う~ん。

どう見ても、それほどの価値があるように見えません。

私は、その2千万円のティアラより、こちらのガラス細工のほうがよかったです。

そのカラス細工は、動物の形をしていました。

もちろん売り物。

値段は、5万円ぐらいでした。

そのほかにも、ガラス細工の商品があります。

いったい、何の店だ?

ショーウインドウからバックして、上を見上げ、店の名前を確認しました。

どうも、バカラの店のようです。

バカラといえば、クリスタルガラスが有名です。

興味はあります。

そこで、店内をのぞきました。

すると、店員の女の人と眼が合いました。

笑顔をうかべています。

それにつられて、店に入ろうと・・・

でも、高そうなグラスなどが、そこらじゅうに展示しています。

私は寒がりのため、かなり服を着込んでいます。

まるで、自分の体ではないようです。

車で言えば、感覚がわからず、車をぶつけてしまうような感じです。

狭いところを通ると、服がこすれてしまいます。

さらに、疲れてフラフラ。

こんなので、店に入ると・・・

考えるだけで恐ろしい。

莫大な請求書が・・・

だから、店に入るのをやめました。

遠めで見ても、美しさがわかるガラスばかりでした。

もっと暖かくなったら、その店に行こうと思います。

もちろん、見るだけです。

だって、そんな高いグラスなど、私の生活にはまったく必要ありません。

私には、粗品でもらった、コーヒーカップで十分です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク