河童は、アニマルか?う~ん、ちょっと違うと思うのですが・・・

私の家から、駅まで行く途中に、商店街を通ります。

その道を、仕事の行き帰りの毎日通ります。

そして、私の住んでいるところは、下町です。

下町と言えば、上品に聞こえますが・・・

朝に、おっさんみたいな、おばはんの、大声が聞こえるような町です。

つまり、何がいいたいかというと、貧乏人の町です。

う~ん、町と言うより、私の住んでいる地域だけでしょうか?

ま~、そんなところにある商店街です。

あまり、高級品は売っていません。

あんまり?

そんなもの見た事ないな~

どちらかと言えば、値段勝負。

安さが一番。

だから、たまに怪しい商品もあります。

たとえば、カバン。

あのブランド物の偽物?ッてかんじのものが。

ま~、そんなものは、すぐになくなります。

売れるのではなく、出品されなくなります。

なんせ、偽物でも、ブランド物が似合わない人たちばかりなので。

アキカンを拾っている人が住んでいるようなところです。

これも時代の流れですかね~、そんな怪しいものが年々少なくなってきました。

そして、商店街も、空き店舗がかなり増えてきました。

日本が、だんだん縮んでいるような気がします。

さて、そんなくらい話は置いといて。

商店街を歩いていると、人の間から、淡いかんじの色が見えました。

よく見ると、アニマルクッションの文字が見えます。

私にとって、アニマルとは、猫です。

そう、私は猫好きです。

だから、野良猫でも、猫を見ると見つめてしまいます。

触りたい。

でも、猫にとっては、大きな怪しいやつです。

猫は、すぐに逃げる体制で、こちらをじっと見つめています。

一瞬、緊張感が走ります。

そんな感じだから、最近、猫を触っていません。

この際、猫型クッションでもいいや~

そこで、そのクッションコーナーへ。

すると、どれも同じようなデザインばかりです。

どうも、売れ残りを集めてセールしているようです。

で、これ何?

猫ではない事は確かです。

よく見ると、頭に、お皿が・・・

これって、河童?

手にとってみました。

やっぱり、河童です。

あまりかわいくない。

たしか、アニマルクッションって書いてあったような・・・

河童って、アニマルか?

妖怪だろ。

私は、そのかわいくない河童を元に戻し、家に帰る事にしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク