読む価値なし?英語は逆から学べって本

メールを、チェックしました。

これといって、目新しいメールはありません。

読まないけど、購読しているメールマガジンばかりです。

次に、迷惑メールのフォルダのチェックです。

なぜなら、たまに必要なメールが、迷惑メールとしてはじかれているからです。

う~ん、いつもどおり、見えすいたタイトルのエロメールばかりです。

おっ!

その中に、図書館からのメールが・・・

予約していた本が、確保できたようです。

私は、ヤフーのメールを使っています。

大切なメールを、迷惑メール扱いするとは・・・

ヤフーの技術も、まだまだですね。

さて、今回、図書館で予約していた本ですが。

去年の8月に予約していました。

それが、やっと順番が回ってきました。

人気の本のようです。

タイトルは、”英語は逆から学べ”です。

私は、英語を勉強しています。

その効果のほどは、別の機会に発表します。

この本ですが、本屋でも目立つところに置いてあったので、何度か見かけた事があります。

でも、なぜか手に取ることはありませんでした。

なぜだろう?

そんな、予約していた事すら忘れていた本を読むことが出来ます。

かなり楽しみです。

このメールを確認したのは、夜です。

すでに図書館はしまっているので、借りに行くのは次の日以降です。

待ち遠しくて仕方ありません。

どんな内容の本か、きになります。

そこで、アマゾンで本の感想を調べる事にしました。

唖然。

かなり酷評が多いです。

今までも、本の感想をアマゾンで調べた事があります。

実際に読んでみた本の感想を調べた事もあります。

私が読んでいまいちだった本も、大体、いい評価が多かったです。

それなのに、これほど悪い評価が多いとは・・・

一気に、うれしさ半減です。

本当は、メールを確認した次の日に、図書館に行くつもりでした。

でも、急に興味が無くなり、仕事が休みの日まで待つ事にしました。

そして、実際に本を読んだ感想です。

読むだけ無駄。

こんな本を読むぐらいなら、単語の1つでも覚えた方がましです。

さて、本の内容です。

英語を勉強するに当たって問題になるのが、その年齢です。

一般的に言われるのが、幼いころに勉強する方が有利。

そんなこともあり、小学校から英語の授業を取り入れるって考えもあるようです。

これってどうでしょうかね~

確かに理論としては正しいかも?

しかし、今の英語学習の方法に問題があるのでは無いでしょうかね~

これは、論理的に説明するより、皆さんの経験上わかると思います。

英語を何年も勉強したのに、しゃべられない。

そんな、無駄な学習方法を、いくら子供のころから英語を学習する方が有利だからといって、押し付けるのはどうでしょうか。

英語嫌いの子供を、量産するだけではないでしょうかね~

ま~、もう戻る事は出来ない、子供時代は置いといて。

私は、すでに大人。

大人になってからの英語学習はどうでしょうか?

これについては、2つの理論に分かれます。

[ad]

大人になっても、英語が出来ると出来ないです。

私としては、何歳になっても英語ができる理論を信じたいです。

でも、最近は、出来ないかもって思うようになってきました。

ま~、これは英語を勉強している経験を通じてなので・・・

ところで、この本は、年に関係なく英語は出来るって理論です。

かなり励まされます。

でも、条件付です。

英語の勉強は、英語でしろって条件です。

今の日本の英語教育は、日本語で説明を受けて、英語を覚えます。

この本は、英語の勉強は英語でやれって理論です。

ま~、考えてみれば当たり前と言えば当たり前です。

NHKの英語番組を見て、いつも思います。

英語を聞くより、日本語の説明を聞く方が多いな~

もしかしたら、日本人は、うんちくがすきなのかも知れません。

そういう私も、あーして、こーしてと説明がないと納得できない方でした。

今となっては、”どっちでもいいじゃん”って感じです。

英語がわかるなら。

さて、今回の本ですが、英語学習の理論が、長々と書かれています。

中には、脳みそについて書かれているところもあります。

そういえば、今は脳がブームですか?

本屋でも、あのもじゃもじゃ頭の脳学者?

以前テレビで、アハ?か、なんかわからんものでみた、あの人の顔写真をよく見ます。

”脳にいい事をしなさい”って感じのタイトルの本を見たような・・・

私は、それならば、そんな本を読む必要がないな~ってひそかに思いました。

ところで、この手の英語の理論の本ですが、読んでも無駄だと思います。

ま~、自己啓発の本も同じですが。

たとえば、この本の中、

英語学習は、子供の時代が有利って説明のところです。

その例として、

昔、行われた動物事件では、ある特定の期間、生後間もない猫の赤ちゃんに光を当てないと、一生目が見えなくなったと言うのが報告されています。

ってのがあります。

私は、本当?ってこの手の本を読むと思います。

特に、自己啓発の本は、他人の発表を鵜呑みにした内容が多いこと。

過去に、自己啓発の本で有名な船井の本で、嘘があったような・・・

もし、私が学者なら、実際に検証します。

でも、私は猫好きなので、犬で実験しますが。

猫に、そんな不自由はかけられないよ。

なんせ、動物愛護の精神をもっているので。

このように、この手の本は、都合のいいことばかり、自分で検証することなく引用されている事が多いです。

そして、このように理論が、ずらずら書かれているのですが、実際の英語の学習法が具体的に書かれていません。

ま~、暇つぶしの読み物としてはいいでしょう。

でも、英語を理解したいと思っている私には無駄でした。

貴重な休日を無駄にしちゃったよ。

そういえば、この本に、CDがついています。

私は、英語学習のCDだと思っていました。

でも、本には、このCDについて書かれていないようです。

私は、あまり読むに値しないと思ったので、本の最後の方は流し読みしました。

よく見ると、本の表紙に、CDについて書かれています。

このCDを聞くだけで、記憶力、問題解決力や自己実現力が高まるそうです。

本の内容はいまいちでしたが、CDは楽しみです。

うん?何だ!

実際にCDを聞いた感想です。

なんか、古い、そして安っぽいドラマの中にかかってそうな音楽が聞こえます。

かなり単調です。

つまらん。

それが何曲か入っていました。

あまりにもつまらないので、気がつくと寝ていました。

また時間を無駄にしてしまったよ。

ま~、どっちみち寝るつもりだったので、いいか~

最後に、私は、過去に仕事もしないで本ばかり読んでいたことがあります。

テーマは決めずに、図書館に行って片っ端から。

そんな経験から言います。

作者の肩書きが、やたら並べられている本はつまらない。

これって、あたっていませんかね~

ちなみに、この本の作者、苫米地英人の肩書きは、

脳機能学者 カーネギーメロン大学博士です。

えっ!メロンの大学?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク