私の英語の学習報告

最近、休日は寝てばかりいます。

たぶん、猫より寝ていると思います。

そのため、一日の短い事。

な~んも、するきになれません。

だから、ブログもあまり更新していません。

そんな状況でも、必ずしている事があります。

それが英語の勉強です。

とはいえ、CDにあわせて本を読むだけですが・・・

それでも、良くぞ今まで続いているものです。

始めてから、3ヶ月間を過ぎました。

最初のころは、楽しいときもありました。

また、ストレス発散にもなりました。

でも、今では、楽しくもありませんし、ストレスの発散にもなりません。

どちらかと言えば、ストレスかも?

それでも続けています。

ほとんど習慣です。

これをするために、朝は6時半におきています。

そして、夜は仕事から帰って最初にします。

なぜ最初にするかというと、ほかの事をすると、後回しにしてしまいそうだからです。

で、結局やらない恐れがあるからです。

そこまでやってですが・・・効果なし。

ほとんど変化なしって感じです。

これは、学習する上で、かなり苦痛です。

まるで、目的も無く砂漠をさまようようなものです。

正直、もうやめたいよ。

人間、迷いが出てくると、いろいろと疑いたくなります。

本当に英語がわかるようになるのか?

世の中には、いろいろな学習方法があります。

そして、そこにはいろいろな人の体験談が書かれています。

中には、ある学習法をして、英語が聞けるようになったってのも多々あります。

大体このようなものは、初めて数週間から2ヶ月ぐらいの体験談が多いようです。

実は、私も最初のころ、これを感じました。

しかし、たぶん勘違いだったのでしょう。

そこからが本当の勝負です。

ほとんどは、そこから効果が伸びずにあきらめてしまいます。

私も、過去に他の勉強法で何度も同じような経験をしました。

それでも、そこからがんばった人は英語がわかるようになるようです。

でも、最近は、それすら疑うようになってきました。

本当に、英語がわかっているの?

それって、私たちが日本語を理解するように、英語を理解している事かな?

すばやく英語を日本語に翻訳して、英語がわかったように思っているだけじゃないの?

私は、よくNHKの英語講座を見ていました。

今は、テレビが壊れてみていませんが・・・

NHKの英語の番組には、日本語の先生が解説します。

NHKと言えば、看板を重視します。

そのため、こんな番組に出てくる先生は、それなりの地位の人でしょう。

そんな人は、長い年月英語を勉強している人だと思います。

たぶん、英語がすきなのでしょう。

でも、そんな先生の発音する英語は、まさに日本人英語です。

ところで、私は、高校時代、大阪から地方の学校に行っていました。

ま~、お勉強が嫌いだったのです。

地域が変われば、言葉も変わります。

方言ってやつです。

そんなところに3年いました。

私は別に意識していませんでしたが、3年後には普段しゃべる日本語が変わっていました。

それは、大阪に戻ってきて、他人に言われてわかりました。

このように、長くふれていると自然に変わるものです。

決して意識して変えたのではありません。

さて、先ほどのNHKの英語の先生です。

なぜ、英語が日本語的なの?

もしかして、自分では英語を理解しているつもりだけど、まだネイティブの粋に達していないからなのではないでしょうか?

それならば・・・

英語を専門にしている人で、そんな状況です。

私など、まったく見込みなしって事になります。

不安だ~

このように言えば、無駄な努力なんて無いって言う人がいるかも知れません。

でも、世の中には無駄な努力もあります。

私は、無駄な努力を経験したからいえます。

努力しましたが、結果が出ずに無駄に終わりました。

これについて、何か言う人がいたら、あなたは、私に負けないぐらい鬼です。

私は、そのために多くのものを棒にふりました。

無駄な努力は無いって言葉は、人の言葉を鵜呑みにして、自分で努力した事が無い人が言う言葉です。

いや、私は努力したって人もいるかもしれません。

それは、たまたま運がよかっただけでしょう。

もしかしたら、あなたの勘違いかも?

いや、運がいいのかも?

それでも否定する人はいるでしょう。

あなたは、日本人に生まれただけで運がいいと思った事はありますか?

私は、外国の人と話をしていて、何度か思った事があります。

さて、世の中、成功にはスポットライトは当たります。

しかし、失敗は注目されません。

まるで、無かったかのよう。

だから、努力は報われるような幻想が生まれます。

もちろん、私も、努力は報われると信じたいです。

そんな証明をこめて、英語を勉強し続けているのかも知れません。

人間、向き不向きがあります。

私の場合は、パソコンは向いていたのかも知れません。

プログラミング言語の中に、C言語ってのがあります。

このプログラミング言語を勉強した人が、言う事があります。

ポインタがわからん。

ポインタとは、機能の一つみたいなものです。

私もC言語をやる前に、ポインタが難しいと聞いていました。

しかし、実際に勉強したのですが・・・

どこが難しいの?

私は、すんなり、ポインタを受け入れる事が出来ました。

いまだに、他人が何を悩んでいるのかわかりません。

このように、人には向いているものはあります。

そして、大人になると、その向いているものばかり選ぶようになります。

でも、私の場合、英語は向いていないもののひとつです。

なぜなら、英語が向いていないために、地方の高校に行く事になったからです。

その辺は別の機会に。

まさに、因縁の英語です。

なんか、このまま、出来ないとことを認めると、負けたようなきがするので、昔から何度も挫折しながら英語を勉強しています。

また、挫折しそうだよ~

でも、あと3ヶ月はがんばる予定です。

なぜなら、私が日本で知り合った外国人は、半年後から日本語の上達が著しいからです。

まったくしゃべる事が出来なかったのに、半年を過ぎたあたりから、目をみはるものがあります。

でも、不安もあります。

しゃべる事が出来るようになったからといって、日本語を理解し、日本語で考えているのでしょうか?

それは違うと思います。

やはり、頭の中は、母国語で考えています。

それは、日本語で会話していると、そのように感じます。

私の予想が正しいのかは、私が英語を出来るようになればわかる事です。

なぜ、私が学習結果を書いているかというと・・・

ま~、ほとんど書いていることは愚痴ですけど。

日本語をしゃべる事が出来る外国人に、その学習の過程を聞くと、はっきりしません。

みんなあやふやです。

かなりなぞです。

もしかしたら、私もある日、急に英語が出来るようになるかもしれません。

急にわかるようになったら、他の外国人のように、たぶん説明は出来ないでしょう。

そんな、余計な心配もこめて記録しています。

現時点のレベル。

たとえば、映画などを見ると・・・

たま~に、単語が聞き取れる程度。

意味・・・まったくわからん。

こんな状態で、英語が理解できる日が来るのだろうか?

今の状態が懐かしくなる日が来てほしいよ・・・とほほ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク