飲みたい?毎年人気の“100g7000円コーヒー”、今年も限定発売

UCC上島珈琲が、幻のコーヒー『ブルボンポワントゥ』の販売を発表したようです。

幻と言うだけあって、その値段100g7000円だそうです。

高~い。

でも、飲んでみたいな~

予約受付開始は、20日からみたいです。

人気商品なので、予約自体出来るかどうか・・・

もちろん、私は予約をしませんが。

だって、私は紅茶派だもの。

コーヒーは苦くて、お子ちゃまの私には飲めません。

そういえば、会社でコーヒーを買っていました。

カップにセットして、お湯を注ぐインスタントのやつです。

一応、モカなんて書いてありました。

コーヒーにはいろいろな銘柄があります。

人によって、いろいろこだわりがあるようです。

コーヒーはブルーマウンテンでないと。

なんて言っている人にあったことがあります。

そんな人に聞きたい。

本当に味の違いがわかるの?

あるデータによると、コーヒーの生産量より、流通している方が多い銘柄があるようです。

つまり、嘘の商品があるようです。

ところで、私の好きな紅茶にもいろいろあります。

たとえば、ダージリンやアッサムなどです。

もちろん、私は紅茶の違いが・・・・わかりません。

その前に、銘柄がついた紅茶を飲んだことがないかも。

いつも、ティーパックです。

そういえば、銘柄のついた紅茶を飲んだことがあったような。

○○ブレンド。

純粋なやつじゃなくて、混じり物。

これでは、無名と同じです。

このように、私の目は節穴です。

う~ん、この場合は、目じゃないな~

目と言えば、私は猫の顔を見れば、オスかメスがわかります。

私は猫が好きです。

そのため、野良猫でもジーと見てしまいます。

猫にとっては、大変迷惑。

いつも逃げる体勢で、こちらを警戒されます。

こんなに猫が好きなのに~

このように、人間好きだと、見分けがつけられるようになるようです。

だから、コーヒーの違いがわかる人がいても不思議ではありません。

しかし、そんな人はごく一部だと思います。

ほとんどの人は、100g7000円と言って、インスタントコーヒーを飲ませても違いはわからないでしょう。

今回の商品は、数がかなり少ないようです。

本当に違いのわかる人だけに飲んでほしいものです。

毎年人気の“100g7000円コーヒー”、今年も限定発売

“幻のコーヒー”といわれる100g7000円の高級コーヒー『ブルボンポワントゥ』の発売を、UCC上島珈琲が17日に発表した。同コーヒーはフランス・レユニオン島で1942年を最後に輸出記録が途絶えていたコーヒー種を、現地の研究機関などと共同で再生させたプレミアムコーヒー。07年より年に1 回、日本で数量限定発売しているが、「予約開始日に申し込みが殺到する」(同社)ほどの注目を集めているという。

99年より8年間に渡り調査・研究を続けて製品化に至ったという同商品は、甘味が強く香り高い点が特長。レユニオン島では1700年代初頭から生産されていた同種だが、度重なるサイクロンや干ばつなどの被害を受けて生産量が激減。さらに、19世紀には島の産業がコーヒーからさとうきび栽培へ移行したこともあり、20世紀半ばに商業生産が途絶えていた。

生産量が限られているため数量限定となっており、価格もコーヒー市場の最高水準レベルだが、08年は2000セットを日本市場で販売したところ予約が殺到。今回は3000セット用意し、愛飲家の期待に応える。

100g7000円(税込7350円)のコーヒー『ブルボンポワントゥ』は、UCCのオンラインサイトおよび直営店で20日より予約受付開始。

毎年人気の“100g7000円コーヒー”、今年も限定発売(オリコン) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    はじめまして

    あの、今更で何ですが、私をmixiに招待していただけないでしょうか

    どうしても登録したいんです宜しくお願い致します

  2. Gaynell より:

    Well written article.