始めから飼うな!動物好きの英国人にも不況の波、ペット放棄が急増

英国人は、動物好きとされているそうです。

しかし、動物好きとされている英国人の間で、ペットを手放す動きが加速しているそうです。

その理由は、経済危機の影響だとか。

私は言いたい。

最初から、ペットを飼うな。

こうなると、動物好きっての怪しい。

本当に好きなのか?

日本でも、動物好きと思われる人がいます。

たとえば、犬に服を着せている人。

犬を抱えて散歩している人。

これって、犬のため?

こんな人をみていると、他人から声を掛けられるのを楽しみにしているようです。

実は、ペットはおまけ。

友達がいないので、声を掛けてもらう道具としているようです。

犬の例をあげましたが、猫はどうでしょうか?

私の知る限り、猫の場合は放置飼いが多いようです。

ま~、猫の習性上仕方ありません。

それでも、これはどうだろうってのもあります。

猫を家から出さない。

理由は、外は危ないからだそうです。

そうやって、子猫のころから育った猫は、放しても家から出る事が出来ません。

そういえば、以前、猫を捨てる現場を見たことがあります。

正直むかつきました。

でも、考えようによっては、その猫にとってはそのまま飼われるよりいいかも?

結局、その猫は、野良となって元気に暮らしていました。

私は猫が好きなので、近所の野良猫をチェックしています。

野良と言えば、かわいそうなイメージがわきませんか?

でも実際は、丸々と太って、毛つやもいいです。

なぜなら、野良猫にはぜったい飼い主がいるからです。

かわいそ~

と言いながら、えさをやる人が必ずいます。

場合によっては、1匹にたいして、数人の人がいる場合があります。

太るはずです。

私は、人間なので、猫の本当の気持ちはわかりません。

しかし、私が猫ならやっぱり自由がいいかな?

人間の都合で、幸せを押し付けられるのはご勘弁だよ。

動物好きの英国人にも不況の波、ペット放棄が急増

経済危機の影響を受け、動物好きとされる英国人の間で、ペットを手放す動きが加速しているようだ。英王立動物虐待防止協会(RSPCA)によると、昨年同国で捨てられたペットは57%増の1万1586匹。1日当たり30匹以上になる。

捨てネコは50%増加し、馬や家畜、外来種のペットも捨てられており、ペットを手離すことを考えている市民からの問い合わせも52%増えたという。

同協会の責任者であるティム・ワス氏はBBCラジオに対し、餌代や獣医代の支払いなど、景気悪化が影響しているためだと指摘。現在の状況を解決するためには、経済回復だけが頼りであることを懸念していると述べた。

動物好きの英国人にも不況の波、ペット放棄が急増 | 世界のこぼれ話 | Reuters

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク