パラレルワールド

うるさいな~

5時にセットした、目覚ましがなっている。

最近は、仕事でしんどいので、資格を取るための勉強が出来ていない。

日曜日で、仕事が休みなので、まとめて勉強する予定。

がんばるぞ~

と思いだけはあるのですが~

目覚ましを止めて、また寝てしまいました。

パラレルワールドスタート!!!

夢の中の私は、なぜか高校生。

そこの私は、案の定、勉強嫌い。

こんな役に立たない勉強やってられるか~

って事で、進路変更。

次にやろうとしたことが・・・

看護師?

なぜ???

ま~、パラレルワールドだからだろう。

それを選んだ理由。

簡単そうだから。

あほ決定。

あの仕事が、簡単な訳ないだろう。

実際の仕事は、不規則なシフト体制。

激務。

そのわりに給料が安い。

だから、心優しい人が、奉仕の心でやるような仕事です。

私のように、この世は金よ!の人が決してやる仕事ではありません。

でも、なぜか決定。

夢の中でも、私です。

即行動。

すぐに、看護を教える学校へ。

授業料の100万円を札束で払いました。

いったい、どっからそんなお金が?

今思うと、そんな考えが・・・

でも、そのときは、夢いっぱい期待いっぱいの気持ちで、そんなことは思いませんでした。

さて、最初の授業です。

まず、実戦のようです。

なぜか、私は手術室にいます。

私は、かなり戸惑っています。

なぜ?なぜ?なぜ?

私には、まったく知識がありません。

それなのに、手術用の白衣を着て、お手伝い。

先輩?先生から説明を受けています。

手術代の下に、金物の入れ物に赤い水溶液が入った入れ物があります。

その人は、その水溶液を、さらさらと専門用語で言います。

初めて聞く言葉なので、まったく聞き取れません。

でも、する事は・・・

明日、この水溶液を、あるところに持って行くようとの事。

その場所が、さっき、ロールキャベツを食べたところだそうです。

ロールキャベツ?

私は、ロールキャベツなど食べた覚えがありません。

そういえば、さっきお昼を食べたな~

その中に、ロールキャベツがあったのかな~

と思っていました。

改めて考えると、その時に聞けばよかったのです。

何か悶々としながら、その人の説明を聞いていました。

わからん・・・

この先、このような事が続くのでしょう。

すでに、嫌気がさしてきました。

進路を間違えた。

やめたい。

でも、100万円を払ったばかりです。

1日の授業料が100万円。

これは高すぎます。

後悔の嵐です。

理由は忘れましたが、その教室を離れる事になりました。

そして、またその教室へ。

場所がわからん。

かなりあせります。

そして、走りました。

周りを見ると、かなり古い伝統のある建物です。

すると、医学部というプレートが・・・

たぶん、さっきいたのは、この建物でしょう。

一気に走り抜けました。

どこか覚えがあるところがあるかも?

でも、気がつくと医学部を抜けて別の建物に。

まったくわからん。

人に聞こうにも、私がどこにいたのかわかりません。

これでは、人に聞くことが出来ません。

私がさっきいたところはどこですか?

まるで、幼稚園児の質問です。

いい年をして、こんな質問をしたら、あほです。

そのまま走り続けていました。

そのうち、たどり着くだろう。

そう信じながら、さらに走りのスピードアップ。

すると、古臭いドアから、誰かが出てきて私を呼びます。

その人は、今の現実世界の、高校時代からの友達です。

お~い、と私を呼んでいますが、それどころではありません。

おこられる~の思いで、無視。

一気に走り去りました。

すま~ん、いしざき~

そのまま、聞こえない振りをしてさらに走りぬけ。

ど、どうしよう・・・

今度は、トイレに行きたくなりました。

トイレに行く時間すらおしい。

でも、それでは体に悪い。

あせりと、怒られる恐怖で、冷や汗たらたらもんでトイレへ。

トイレは、人がずらずら並んでいます。

でも・・・

ところどころトイレは開いています。

なんだ?

そのまま、開いているトイレへ入ろうとすると・・・

私を呼び止める声が。

幼馴染です。

なぜかわからんが、さっきの手術室。

つまり、私が走り回って行こうとする目的地に、そいつもいました。

そんな設定です。

今思うと、そんなやついたかな~ですが、私の頭の中では不自然さゼロ。

これで一安心。

なぜなら、場所を聞けば良いからです。

ちなみに、その幼馴染ですが、大嫌い。

なんかいけ好かない。

現実世界では、二度と話をする事はないでしょう。

たとえるなら、クレヨンしんちゃんに出てくる、風間君をパワーアップした感じです。

自分は他人比べて、特別だ~って考えているのがひしひしと感じます。

だいきら~い。

でも、利用できるものは何でも利用する私。

心の中では、般若の顔ですが、聞きたいことがあるので、笑顔。

その前に、トイレですが・・・

どうも、開いているトイレに入るのは駄目なようです。

理由は、くだらないしきたり。

偉い人の後に並ばなければならないようです。

そのため、開いているトイレを利用するのは、その学校以外の人になります。

そこで、トイレの順番がくるまで、そいつと一緒に待つ事に。

しめしめ。

まず、一番気になった、手術室の赤い水溶液について。

なんせ、先輩?から、あすロールキャベツを食べたとこへ持っていかなければなりません。

指示を守らなければ、怒られる恐れがあります。

そこで、その水溶液の名前を聞きました。

えっ!なに?

何度聞いても、聞き取れません。

そこで、数度聞きなおしました。

ペンシル・・・・

必死で覚えました。

私は、心の中で、必死にその単語を暗記。

その間、幼馴染は、その水溶液についてのうんちくを、ひたすらしゃべっています。

自分が物知りだと言う事を、陶酔しながら。

たぶん、自分の頭の仲では、世界中の人の目が、そいつに降り注いでいるのでしょう。

尊敬のまなざしで。

ほんと、馬鹿です。

だから、みんなから嫌われるのに。

そんな、うんちくを無視して、水溶液の名前を心の中で暗唱。

その単語を暗記するためです。

でも、初めて聞くわけのわからない言葉。

まったく覚えられない。

そこで、知っている単語を組み合わせる事に。

ペンシルベニアカーキートン

その水溶液の名前です。

実際は、ちょっと違いますが、こんな名前です。

今は、現実世界。

改めて考えると、こんな名前聞いたことがありません。

また、これによく似たものも想像できません。

まったく不思議なものです。

また、風間君のような幼馴染も、なぜ急に夢に出てきたのか?

存在すら忘れていたのに。

このように、多数の疑問が・・・

そうしているうちに、現実世界に。

つまり、夢から覚めました。

あ~、夢か~

よかったよ。

あんな勉強しなくて。

さ~、資格を取るために、勉強するか~

あの勉強に比べたら、今勉強している事の方が楽だ。

何事も考えようです。

で、まず・・・

定例行事の洗濯と、部屋の掃除をするか~

あっ!それと図書館に借りていた本を返しに行かなければ。

やることがたくさんあるよ。

勉強できるかな~

案外、ペンシルベニアサーキートンの水溶液が、すべてを解決してくれたかも?

そんな、ドラえもんの道具のようなものがほしいな~

ブログなんか更新している場合じゃないな。

今日も忙しくなるぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク